ETHOS試験:COPDに対するトリプル吸入療法

ETHOS試験:COPDに対するトリプル吸入療法_e0156318_1312221.png 去年プレスリリースが出ていた既知の知見です。NEJMに掲載されました。高齢者が多い疾患なので、1日2回だとやはり夕方の吸入を忘れがちになります。

Rabe KF, et al.
Triple Inhaled Therapy at Two Glucocorticoid Doses in Moderate-to-Very-Severe COPD.
N Engl J Med. 2020 Jun 24. doi: 10.1056/NEJMoa1916046.


背景:
 COPDに対する、ICS、LAMA、LABAによるトリプル吸入療法の固定用量レジメンはICSは1つの用量でのみ研究されてた経緯があり、ICSの用量に関するデータは不足している。

方法:
 過去1年に増悪歴が最低1回ある中等症~超重症COPDに対する2つの用量のICSを用いたトリプル吸入療法の52週間におよぶ第3相試験において、われわれは1:1:1:1の割合で①ブデソニド320μg/グリコピロニウム18μg/ホルモテロール9.6μg 1日2回、②ブデソニド160μg/グリコピロニウム18μg/ホルモテロール9.6μg 1日2回、③グリコピロニウム18μg/ホルモテロール9.6μg 1日2回、④ブデソニド320μg/ホルモテロール9.6μg 1日2回のいずれかにランダムに割り付けた。プライマリエンドポイントは、中等症あるいは重症の年間COPD増悪回数とした(修正ITT集団)。
ETHOS試験:COPDに対するトリプル吸入療法_e0156318_22513935.png
(Respir Med. Oct-Nov 2019;158:59-66.)

結果:
 修正ITT集団には8509人の患者が組み込まれた。中等症あるいは重症の年間COPD増悪回数は、320μgブデソニドトリプル吸入療法群(2137人)では1.08、160μgブデソニドトリプル吸入療法群(2121人)で1.07、グリコピロニウム/ホルモテロール群(2120人)で1.42、ブデソニド/ホルモテロール群(2131人)で1.24だった。グリコピロニウム/ホルモテロール群あるいはブデソニド/ホルモテロール群より、320μgブデソニドトリプル吸入療法群において有意に増悪率が低かった(それぞれ24%減[率比0.76、95%信頼区間0.69-0.83,p<0.001]、13%減[率比0.87、95%信頼区間0.79-0.95, p=0.003])だった。これは160μgブデソニドトリプル吸入療法群でも同様だった(それぞれ25%減[率比0.75、95%信頼区間0.69-0.83,p<0.001]、14%減[率比0.86、95%信頼区間0.79-0.95,p=0.002])。治療群における副作用イベントの頻度は同等だった(範囲61.7-64.5%)。ICS使用者における肺炎の頻度は3.5~4.5%で、グリコピロニウム/ホルモテロール群ではこれが2.3%だった。

結論:
 ブデソニド(160μg、320μgのいずれも)、グリコピロニウム、ホルモテロール1日2回のトリプル吸入療法は、グリコピロニウム/ホルモテロールあるいはブデソニド/ホルモテロールよりも中等症あるいは重症COPD増悪率を減少させる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナのせいにしてみよう。シャムズの話 [ 國松 淳和 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)



by otowelt | 2020-07-01 00:31 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優