MTXはRA-ILDリスクを上昇させない

MTXはRA-ILDリスクを上昇させない_e0156318_93123.png 過敏性肺炎型の亜急性~急性のすりガラス陰影はMTX肺傷害(lung injury)を疑う必要はあるかもしれませんが、慢性経過の場合、それはRA-ILDだろうと思います。それでも、呼吸器内科医の中にはMTXが長期的にILDを悪化させる薬剤と考えている人は多いと思います。
 乾癬や炎症性腸疾患に対する知見(BMJ . 2015 Mar 13;350:h1269.)に基づいて、MTXそのものがRA-ILDに関連している可能性が低いことを自著に記載したところ、「倉原先生はMTXのこわさを知らないのでしょうか」というクレームをいただいたことがあります。
 免疫抑制剤のこわさはイヤというほど知っていますが、呼吸器内科医はMTXをこわがりすぎなのかもしれません。
 MTXはRA-ILDに関連しているどころか、むしろILDの発生を遅らせる保護的な役割すらあるという見解もあります(BMJ Open. 2019;9(5):e028466)。

Juge PA, et al.
Methotrexate and rheumatoid arthritis associated interstitial lung disease.
Eur Respir J. 2020 Jul 9. pii: 2000337. doi: 10.1183/13993003.00337-2020.


概要:
 MTXは関節リウマチ(RA)マネジメントのアンカードラッグである。線維性間質性肺疾患(ILD)は、RAの合併症として確かによくみられる。しかし、MTX曝露がRAにおけるILDのリスクを増加させるのかどうかはわかっていない。われわれは、先行するMTXの使用とRA-ILDの関連性を調べた。

方法:
 探索的な症例対照研究と、国際的な複製サンプルを用いて、MTX曝露とILDの関連性を調べた。RA-ILD患者410人とILDのないRA患者673人において、MTX曝露とILDの関連を評価した。メタアナリシスにより、異なるサンプルの推定値をプールした。

結果:
 探索的サンプルの解析では、MTX曝露とRA-ILDには逆相関がみられた(補正オッズ比0.46; 95% 信頼区間0.24-0.90; p=0.022)。両サンプルを統合した推定値ではオッズ比は0.43となった(95%信頼区間0.26-0.69、p=0.0006)。過去MTXを使用したことがある人は、RA-ILD患者では非ILD患者より頻度が低かった。RA-ILD患者では、MTX使用者のほうが非使用者よりもILDの同定が遅かった(11.4±10.4年 vs 4.0±7.4年, p<0.001)。
MTXはRA-ILDリスクを上昇させない_e0156318_10412010.png
(文献より引用)

結論:
 MTX使用はRA-ILDのリスク上昇と関連していなかった。ILDは、MTX治療患者では同定が遅延した。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

外来診療の型 同じ主訴には同じ診断アプローチ! [ 鈴木 慎吾 ]
価格:4950円(税込、送料無料) (2020/7/11時点)



by otowelt | 2020-07-12 00:00 | 膠原病

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優