市中肺炎に対する全身性ステロイド

市中肺炎に対する全身性ステロイド_e0156318_10322082.jpg 答えがあるようでない命題に踏み込んだ、後ろ向き研究。COVID-19に対するデキサメタゾンが火種となって、ちょっとまた議論が勃発しているようです。

Iqbal N, et al.
Effects of systemic steroids on patients with community-acquired pneumonia: Observational study from a tertiary care hospital of a developing country.
Respiratory Investigation, https://doi.org/10.1016/j.resinv.2020.05.004


背景:
 重症市中肺炎(SCAP)に対してステロイドが投与されることがあるが、発展途上国には限られたエビデンスしか存在しない。この研究は、パキスタンの三次病院においてCAP患者に全身性ステロイドを投与する効果を検証したものである。

方法:
 後ろ向き観察研究において、パキスタンのアガ・カーン大学病院の患者を登録した。二項ロジスティック回帰および負の二項回帰分析を用いて、全身性ステロイドが院内死亡率、入院期間、臨床的安定までの期間に与える影響を調べた。

結果:
 合計1100人が登録され、508人が解析に組み込まれた。173人 (34.0%)が全身性ステロイド投与を受けていた。これらの患者は、ステロイドを投与されていない患者と比較して、併存症の頻度が高く(喘息[p = 0.002]、COPD[p < 0.001])、両側性病変が多くみられ(p < 0.001)、CURB-65スコアが高かった(p < 0.001)。総死亡率は10.8%だった。調整後でも、全身性ステロイドは死亡率に影響を与えなかった(補正オッズ比0.85, 95%信頼区間0.39–1.88)。全身性ステロイド投与を受けた患者は、入院期間が(IRR1.51, 95%信頼区間1.37–1.66)、臨床的安定までの期間(IRR1.50, 95%信頼区間1.13–1.33)が有意に長かった。
市中肺炎に対する全身性ステロイド_e0156318_22184666.png
(文献より引用)

結論:
 われわれの研究では、CAPに対して全身性ステロイドは死亡に対する利益が示されなかった。それどころか、入院期間や臨床的安定までの期間が延長した。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2020) [ 林清二 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/12時点)



by otowelt | 2020-08-28 00:07 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31