COVID-19:心臓バイオマーカーはCOVID-19の予後を予測

COVID-19:心臓バイオマーカーはCOVID-19の予後を予測_e0156318_2201476.png PubMedにもプレプリントが表示されるようになりましたね。

Desiree Dawson, et al.
Prognostic value of Cardiac Biomarkers in COVID-19 Infection: A Meta-analysis
Res Sq
. 2020 Jun 13;rs.3.rs-34729.


背景:
 複数のバイオマーカーが、多発臓器不全を伴うCOVID-19で上昇していることが示されているが、心臓バイオマーカーの予後予測因子については重症度と心損傷の間に不一致性がある。

リサーチクエスチョン:
 このメタアナリシスの目標は、既報における心臓バイオマーカーの予後信頼性を評価することである。

試験デザインおよび方法:
 2020年4月までの間の、重症あるいは非重症COVID-19で心臓バイオマーカーが測定された文献をPubMedから抽出した。加重平均差および95%信頼区間が算出され、ランダム効果メタアナリシスを用いて統合した。統合により、心損傷の死亡オッズ比を算出した。

結果:
 死亡したCOVID-19患者のほうが、生存した患者よりも有意にトロポニン値が高かった(加重平均差0.58, 95%信頼区間0.42-0.71, p<0.001)。心損傷は、死亡の独立リスク因子だった(オッズ比6.641, 95%信頼区間1.26 - 35.1, p=0.03)。BNPには群間差はなかった。死亡あるいは重症だった患者では有意にD-dimerが上昇していた。CK値は、生存者よりも死亡者で有意に上昇していた(平均差0.47 95%信頼区間0.09-0.84, p=0.014)。

結論:
 COVID-19における心臓バイオマーカーは予後および死亡を予測する。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナのせいにしてみよう。シャムズの話 [ 國松 淳和 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)



by otowelt | 2020-07-25 10:05 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31