EVALIの病理はDADが多い

EVALIの病理はDADが多い_e0156318_1329388.png EVALIについては以前触れました。

・参考記事:EVALI:電子たばこによる肺傷害の臨床的特徴
・参考記事EVALI:電子たばこ関連肺傷害のほとんどはTHC含有製品が原因

Sarah Reagan-Steiner, et al.
Pathological findings in suspected cases of e-cigarette, or vaping, product use-associated lung injury (EVALI): a case series.
Lancet Respiratory Medicine, Available online 4 August 2020


背景:
 2019年8月以降、アメリカ公衆衛生当局は、電子たばこまたはVaping製品使用に関連する肺傷害(EVALI)の全国的発生を調査している。生検で急性から亜急性の肺傷害と一致する組織学的パターンが観察されたが、剖検所見は体系的に特徴づけられていない。EVALI疑いでCDCに提出された剖検組織と生検組織の病理所見について説明する。

方法:
 2019年8月1日から2019年11月30日までの間に、アメリカ16州から検体が提出され、CDCが受け取った肺生検組織(n = 10)および剖検組織(n = 13)の組織サンプルを調べた。電子たばこ、またはvapingの使用、呼吸器、消化器系、その他身体症状、胸部画像での陰影、原因不明の突然死の記録を新抄録から抽出し、組織病理学的に評価した。

結果:
 21例がEVALIのサーベイランス症例定義に適合し、さらに2例の臨床的にEVALI疑いと評価された。10の肺生検はすべて、DADまたはOPを含む、急性から亜急性の肺傷害の組織学的証拠を示した。これらのパターンは、13例中9例(69%)の剖検例にも見られ、最も多かったのはDAD(8例)で、残り1例はAFOP(1例)だった。EVALIと必ずしも一致しない追加の肺の病理は、気管支肺炎、気管支への誤嚥、慢性間質性肺疾患などがあった。

結論:
 急性から亜急性の肺傷害パターンが、EVALIが疑われる個人の肺生検検体10検体すべてと剖検検体のほとんどで観察された。電子たばこまたはvapingの使用歴がある個人でこのような病態が特定され、その他の原因がはっきりしない場合、EVALIを強く検討すべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 また来たくなる外来 / 國松淳和 【本】
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/4/25時点)



by otowelt | 2020-08-26 00:11 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優