高齢者気胸の臨床的特徴

高齢者気胸の臨床的特徴_e0156318_1543237.jpg 当院の気胸も、ほとんどが高齢者です。

Takahashi F, et al.
Etiology and prognosis of spontaneous pneumothorax in the elderly
Geriatr Gerontol Int. 2020 Aug 7. doi: 10.1111/ggi.13996.


目的:
 自然気胸は二峰性の年齢分布を示し、2つ目のピークは50歳以上にみられる。本研究の目的は、高齢者における自然気胸の病因と予後を明らかにすることである。

方法:
 自然気胸のために、2006~2016年の間に三次大学病院に入院した50歳以上の患者を後ろ向きに調査した。

結果:
 50歳以上の自然気胸(平均年齢70歳、男性114人)の連続136人の患者のうち、124人(91%)が肺気腫(42%)と間質性肺炎(27%)を含む肺疾患を有していた。間質性肺炎の症例では、胸部ドレナージの中央値期間が長く(14日)、原発性気胸(4日; P <0.001)および気腫(9日; P <0.005)の症例よりも長かった。気胸の発症後180日以内に18人の患者(13%)が死亡した。死亡率は間質性肺炎(27%)の症例で最も高く、主に感染性合併症と関連していた。入院から180日以内の死亡または呼吸不全悪化は、多変量ロジスティック回帰分析において、高齢、全身性ステロイド使用、間質性肺炎と関連していた。

結論:
 肺気腫は、高齢者の自然気胸に関連する最も一般的な基礎疾患である。間質性肺炎に関連する気胸はそれほど頻繁ではないものの、長期のチューブ留置が必要であり、特に全身性ステロイドを投与されている患者では、死亡・罹患率が高かった。間質性肺炎関連気胸の患者には、さまざまな治療戦略が必要となる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COPD (呼吸器疾患 診断治療アプローチ 5) [ 金子 猛 ]
価格:12100円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)



by otowelt | 2020-09-01 00:56 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優