BMIが低いと肺非結核性抗酸菌症のリスクが高い

BMIが低いと肺非結核性抗酸菌症のリスクが高い_e0156318_17465259.png 「太りにくい女性」はNTMのリスクが高いのは実臨床でも感じるところです。私の連載で、概要を図にまとめたことがあるので参考にしてください。

・参考記事:日経メディカルオンライン「先生、助けて、体重が増えない」

BMIが低いと肺非結核性抗酸菌症のリスクが高い_e0156318_1358294.png


Jin Hwa Song, et al.
Impact of body mass index on development of nontuberculous mycobacterial pulmonary disease
Eur Respir J . 2020 Aug 13;2000454.


背景:
 肺非結核性抗酸菌症(NTM-PD)の発生と罹患は世界中で増加している。NTM-PDのリスクは栄養不足の集団で高くなる可能性がある。この研究では、BMIとその変化がNTM-PDの発症に及ぼす影響を解明すること目的とした。

方法:
 2005年・2009年、2006年・2010年の40歳以上の韓国NHIS健診データを用いた後ろ向きコホート研究をおこなった。登録された個人はBMIに基づいて分類された。BMIグループごとおよびBMI変化ごとに10万人年あたりのNTM-PD発生率を比較した。

結果:
 最終解析には合計567万229人が含まれた。BMI <18.5 の集団と比較して、NTM-PDの発生率はBMIの増加に伴って徐々に減少していることがわかった(BMI 18.5-22.9、補正ハザード比0.38[95%信頼区間0.35-0.42)、BMI 23-24.9:ハザード比0.17 [95%信頼区間0.15-0.19]、BMI 23-24.9:ハザード比0.1 [95%信頼区間0.09-0.11]、BMI≧30:ハザード比0.01 [95%信頼区間0.07-0.13])。BMIが4年間で1以上減少すると、NTM-PDの発生率が増加し(補正ハザード比1.08、95%信頼区間1.01-1.16)、BMIが1以上増加すると、NTM-PD発生率が減少した(補正ハザード比0.77、95%信頼区間0.71 -0.83。

結論:
 BMIはNTM-PDの発症と反比例しており、体重減少はNTM-PDのリスクを上昇させた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナのせいにしてみよう。シャムズの話 [ 國松 淳和 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)



by otowelt | 2020-10-24 00:43 | 抗酸菌感染症

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優