COVID-19:妊婦におけるレムデシビル

COVID-19:妊婦におけるレムデシビル_e0156318_2201476.png

 死亡が少ないとはいえ、論文を読んでいるだけで大変な現場が伝わります。

Burwick BM, et al.
Compassionate Use of Remdesivir in Pregnant Women with Severe Covid-19
Clin Infect Dis . 2020 Oct 8;ciaa1466.


背景:
 レムデシビルは成人の重症COVID-19に有効だが、妊婦におけるデータは限られている。レムデシビルで治療された重症COVID-19の妊婦86人の転帰について報告する。

方法:
 臨床医がコンパッショネートユースを通してレムデシビルを処方した、PCRで診断されたCOVID-19患者のうち室内気の酸素飽和度94%以下の妊婦が登録された(2020年3月21日~6月16日)。レムデシビル治療は10日間の点滴静注とした(初日200mg、2-10日目100mg)。

結果:
 86人の女性のうち19人がレムデシビル初回投与前に出産し、すみやかに産後として再分類された(産後中央日数1日、範囲0〜3日)。妊婦の年齢中央値は33歳 (範囲21–43歳)で、産後の女性の年齢中央値は34歳 (範囲20–41歳)だった。産後女性(出産時週数中央値30週)の95%とは対照的に、妊婦(中央値28週)の40%が侵襲的換気を必要とした。28日以内に回復した患者の割合は、妊婦と産後の女性のいずれも高かった(妊婦の93%と産後女性の89%が回復)。人工呼吸器を装着した妊婦の93%が抜管され、93%が回復し、90%が退院した。産後女性の89%が抜管され、89%が回復し、84%が退院した。レムデシビルは忍容性が高く、重篤な有害事象の発生率は低かった。ほとんどの有害事象は妊娠と基礎疾患に関連していた。基礎疾患に起因する妊産婦死亡が1件あったが、新生児死亡はなかった。
COVID-19:妊婦におけるレムデシビル_e0156318_22321415.png
(累積回復率:文献より引用)

COVID-19:妊婦におけるレムデシビル_e0156318_22405466.png
(累積抜管率:文献より引用)

結論:
 レムデシビルのコンパッショネートユースを受けた重症COVID-19の妊娠および産後の86人の女性では、総じて回復率は高く、重篤な有害事象の発生率は低かった。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丁寧に考える新型コロナ (光文社新書) [ 岩田健太郎 ]
価格:1056円(税込、送料無料) (2020/10/16時点)



by otowelt | 2020-10-17 00:06 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31