閉塞性睡眠時無呼吸は胸部大動脈瘤を増大させるリスク因子

閉塞性睡眠時無呼吸は胸部大動脈瘤を増大させるリスク因子_e0156318_21164634.png OSAがなぜリスキーなのかを説明するエビデンスの1つになりそうです。


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、大動脈瘤の有病率増加と関連しており、重度のOSAが腹部動脈瘤の増大を促進することが示唆されている。OSAが上行性胸部大動脈瘤(TAA)の進行の危険因子であるかどうかを評価した。

方法:
 TAA患者は、3年間にわたって上行大動脈に対する超音波測定とHSATを受けた。プライマリアウトカムは無呼吸低呼吸指数(AHI)と関連したTAA拡大率とした。セカンダリアウトカムには、大動脈イベント(破裂、解剖、待機的手術、および死亡の複合エンドポイント)が含まれた。

結果:
 2014年7月~2020年3月の間に、230人の患者(年齢中央値70歳、男性78%)がコホートに参加した。ベースラインで、患者の34.8%がAHI>15以上だった。ベースラインでのTAA径とAHIの間に関連はなかった。3年後の平均拡張率は、大動脈洞で0.55±1.25mm、上行大動脈で0.60±1.12mmだった。ベースラインTAA径と心血管リスク因子を補正した回帰分析では、TAA拡張とAHIには正の相関がみられた(大動脈洞推定値0.025 mm [95%信頼区間0.009〜0.040]、p <0.001;上行大動脈推定値0.026 mm [95%信頼区間0.011〜0.041]、p = 0.001)。 20人の参加者(8%)が大動脈イベントを経験したが、OSAの重症度との関連はなかった。

結論:
 OSAは、TAAの拡大を促進する独立リスク因子である可能性があり、生命を脅かす合併症の一因となるかもしれない。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 統計 [ 今野紀雄 ]
価格:858円(税込、送料無料) (2020/8/15時点)



by otowelt | 2020-12-09 00:21 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優