COVID-19:糖尿病患者のICU入室リスク因子

COVID-19:糖尿病患者のICU入室リスク因子_e0156318_2201476.png

 とりあえず糖尿病は本当にリスクが高いですね・・・。


背景:
 COVID-19のこれまでの研究は、一般集団に焦点を合わせてきた。ただし、最も一般的な併存疾患の1つとしての糖尿病が詳細に研究されることはほとんどない。この研究は、COVID-19のうち糖尿病患者の臨床的特徴とICU入室のリスク因子を調べることを目的とした。

方法:
 広州第八人民病院で確定診断されたCOVID-19患者288人が抽出された。そのうち、糖尿病が24人に同定された。患者背景、検査結果、胸部X線所見、合併症、治療法が収集され、糖尿尿の有無によって比較された。二項ロジスティック回帰分析を用いて、糖尿病または非糖尿病のCOVID-19患者のICU入室に関連するリスク因子を特定した。

結果:
 糖尿病のCOVID-19患者は、年齢が高く、CRP、ミオグロビン、AST、ALTが高かった。また、治療のためにICUに入室しやすかった(8.3% vs 20.8%, p=0.044)。重回帰分析により、ICUに入室した糖尿病のCOVID-19患者の独立リスク因子が次のとおりであった(年齢増加[1歳ごとのオッズ比1.07; 95%信頼区間1.02-1.13; P = 0.007]、24回/分以上の呼吸数[オッズ比5.22; 95%信頼区間2.26-16.58; P = 0.016]、HbA1c>7%[オッズ比4.58; 95%信頼区間1.82-10.55; P = 0.012] 、AST>40 U/ Lを超える[オッズ比2.96; 95%信頼区間1.58-8.85; P = 0.022])。非糖尿病患者では、同様に年齢増加(1歳ごとのオッズ比1.05; 95%信頼区間1.01-1.10; P = 0.006)、下痢(オッズ比4.62; 95%信頼区間2.01-9.36; P = 0.022)、24回/分以上の呼吸数(オッズ比5.13; 95%信頼区間1.18-16.82; P = 0.035)、CRP>10 mg/L(オッズ比5.19; 95%信頼区間1.37-13.25、P = 0.009)、TnI>0.03μg/ L(オッズ比6.48; 95%信頼区間1.17-21.38; P = 0.036)は、非糖尿病COVID-19患者のICU入室のリスク因子だった。

結論:
 高齢、呼吸数24回/分以上、HbA1c>7%、AST>40 U/Lは、糖尿病のCOVID-19患者のICU入室のリスク因子だった。



by otowelt | 2021-01-01 22:11 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31