IPFにおける気胸は難治性

IPFにおける気胸は難治性_e0156318_1543237.jpg

 IPF患者の気胸の”穴”は塞がりにくいです。


背景:
 特発性肺線維症(IPF)の一部の患者は気胸を発症する。ただし、IPF患者の気胸の特徴は解明されていない。この研究の目的は、IPF患者における気胸の臨床経過、実際の管理、治療結果を明らかにすることである。

方法:
 2008年1月~2018年12月の間に気胸で入院したIPFの連続患者が含まれた。気胸治療の成功率、院内死亡率、退院後再発率を調べた。

結果:
 研究期間中に、IPFの36人の患者が合計58回気胸で入院した(平均KL-6:972±744U/mL)。最初の入院時に、15人の患者(41.7%)は胸腔ドレナージを受けず、21人(58.3%)は受けた。 21人の患者のうち、8人(38.1%)が胸腔ドレナージ後に、追加治療を受け。治療成功率は、観察のみの患者で86.6%、胸腔ドレナージの患者で66.7%だった。それぞれの病院の死亡率は13.3%と38.0%だった。退院後の気胸の総再発率は34.6%(n = 9)だった。
IPFにおける気胸は難治性_e0156318_23064478.png
(治療成功率:文献より引用)

結論:
 IPF患者の気胸は、治療を成功させることが困難で、予後が比較的不良であり、高い再発率を示した。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版 [ 青木 眞 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/1/9時点)



by otowelt | 2021-02-25 00:35 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優