2型糖尿病は肺機能低下と関連

2型糖尿病は肺機能低下と関連_e0156318_22583647.png
 少し興味があって読んでみました。下押しするのは確実のようです。 


目的:
この研究の目的は、2型糖尿病と呼吸機能検査との関連を明らかにすることである。

方法:
 文献レビューののちメタアナリシスをおこなった。変量効果モデルを使用した逆分散法で、平均差および95%信頼区間の効果推定値を計算し。 I2を使用して不均一性を計算し、性別、BMI、喫煙、地域ごとにメタ回帰分析を実行した。また、研究の実施時期、2型糖尿病のサンプルサイズ、研究の質に応じて感度分析おこなった。

結果:
 メタアナリシスに66件の研究(縦断研究1件、症例対照研究2件、横断研究63件)が含まれ、2型糖尿病患者11,134人と対照参加者48,377人が参加した。%1秒量、%努力性肺活量、努力性肺活量の25~75%の平均努力呼気流量(FEF25-75%)、%ピークフロー、%DLCOの平均差(95%信頼区間)は、それぞれ-7.15(95%信頼区間-8.27、-6.03; p <0.001)、-9.21(95%信頼区間-11.15、-7.26; p <0.001)、-9.89(95%信頼区間-14.42、-5.36; p <0.001)、-9.79(95%信頼区間-13.42、-6.15; p <0.001)、-7.13(95%信頼区間-10.62、-3.64; p <0.001)だった。1秒率に差はなかった(95%信頼区間-0.27; -1.63、1.08; p = 0.69)。全パラメータにおいて高い異質性がみられた。メタ回帰分析では、研究間の不均一性が、性別、BMI、喫煙、地域によって説明されなかった。結果は感度分析で一貫していた。
2型糖尿病は肺機能低下と関連_e0156318_13300435.png
2型糖尿病は肺機能低下と関連_e0156318_13301135.png
(forest plot:文献より引用)

結論:
 2型糖尿病は、性別、喫煙、BMI、地地域に関係なく、呼吸機能障害に関連していた。転帰を調査するためには縦断研究が必要である。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版 [ 青木 眞 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/1/9時点)


by otowelt | 2021-03-01 00:20 | 呼吸器その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優