吸入ステロイドのアドヒアランスと喘息コントロール

吸入ステロイドのアドヒアランスと喘息コントロール_e0156318_9473145.png

 自分の担当患者さんでコントロール不良の頻度は6割を超えていないので、国の事情なども影響していそうな気がします。


背景:
 短期間の研究において、吸入ステロイド(ICS)のアドヒアランス不良は喘息コントロールの悪化と関連しているが、長期遵守と疾患コントロールの関連については不明なままである。

目的:
 成人発症喘息患者において、ICSの遵守と喘息コントロールとの関係を評価すること(12年間)。

方法:
 Seinäjoki成人喘息研究の一環として、臨床的に新たに発症した成人喘息と定期ICS投薬が確認された181人の患者を12年間追跡調査した。 ICSアドヒアランス(%)は、フォローアップ中に個別に評価された([吸入µg/処方µg]×100)。GINA2010ガイドラインに沿って、12年間の喘息コントロールを評価した。

結果:
 全体の31%で喘息がコントロールされ、69%はコントロールされていなかった(部分的にコントロールされたか、コントロール不良)。コントロールされていない喘息患者は、コントロールされた喘息患者よりも、男性、高齢、非アトピー性、高用量ICS使用と関連していた。ICSの平均アドヒアランス率は、コントロールされた喘息患者で63±38%、コントロールされていない喘息患者で76±40%だった(p = 0.042)。コントロールされていない喘息の患者において、12年のアドヒアランスが低い患者(<80%)は、アドヒアランスが良好な患者(≥80%)と比較して、1秒量が急速に減少していた(-47mL/年 vs -40mL/年、p = 0.024)。この相関は、コントロールされた喘息の患者ではみられなかった。
吸入ステロイドのアドヒアランスと喘息コントロール_e0156318_14421433.png
(吸入アドヒアランス:文献より引用)

結論:
 成人発症喘息では、コントロールされていない疾患の患者は、コントロールされた喘息の患者よりもICS治療への12年間のアドヒアランスが良好だった。コントロールされていない疾患では、80%未満のアドヒアランスはより急速な肺機能低下と関連しており、日常の臨床診療におけるそういった患者の早期認識の重要性を強調している。



by otowelt | 2021-03-10 00:22 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31