好酸球性フェノタイプのCOPDは肺高血圧症がシビア

好酸球性フェノタイプのCOPDは肺高血圧症がシビア_e0156318_14124388.png

COPDの肺高血圧症については先日、COMPERAレジストリについて記事にまとめています。参照ください。

好酸球性フェノタイプのCOPDは肺高血圧症がシビア_e0156318_23511219.png

. COPDにおける肺高血圧症

今日紹介するのは、好酸球性フェノタイプのCOPDが肺高血圧症に関連するかどうか、という話題です。私個人的な意見としては、COPDの好酸球性フェノタイプというのは、ほぼ喘息コンポーネントと範囲が共通しているので、基本的にACOのことを指しているという理解でよいと考えます。



概要:
■好酸球性フェノタイプのCOPDは、気道リモデリング、悪化リスク、ステロイド反応性の増大と関連している。ただし、この集団における肺高血圧症(PH)の有病率と特徴についてはほとんど知られていない。

■2011年1月から2019年5月の間にフロリダ大学病院で右心カテーテル検査(RHC)データを使用してCOPD患者のコホートを後ろ向きに評価した。好酸球性フェノタイプのCOPDの基準を用いて層別化し、非好酸球性と好酸球の患者における肺血管プロファイルとPHの有病率を比較した。


【定義】好酸球性フェノタイプCOPD:
少なくとも3回測定した末梢血の好酸球数が≧300/μLのCOPD患者
・Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease. Global Strategy for the Diagnosis, Management and Prevention of COPD. 2021
・Respir Res 2020; 21: 3. doi:10.1186/s12931-019-1268-7
・Am J Respir Crit Care Med 2018; 198: 329–339.
・J Allergy Clin Immunol 2018; 141: 2037–2047.

■多変量ロジスティック回帰分析を使用して、好酸球性フェノタイプのCOPDと、年齢、性別、BMI、肺機能パラメータ、喫煙状態、酸素療法の使用を補正してPHとの関連を調べた。

■RHCデータと少なくとも3回の末梢血好酸球測定データを有する106人のCOPD患者のうち、25%が好酸球性フェノタイプの定義を満たした。平均末梢血好酸球数はそれぞれ333.5±189.6/μL、164.6±70/μLだった。好酸球性フェノタイプ群で、長期酸素療法を要した患者は少なく(69% vs 93%, p=0.001)。全肺気量は好酸球性フェノタイプ群のほうが低いという結果だった(p=0.006)。この群は、平均肺動脈圧(中央値[IQR]30[27-41]mmHg vs 25 [22-30]mmHg、p = 0.001)および肺血管抵抗(4Wood units[2.8-5.1] vs 2.9Wood units[2.1-4.1]、p = 0.018)も高かった。
好酸球性フェノタイプのCOPDは肺高血圧症がシビア_e0156318_13540271.png
. 背景の差(文献より改変引用)

■多変量ロジスティック回帰分析では、好酸球性フェノタイプ群はPH(補正オッズ比 6.5、95%信頼区間1.4-30.7; p = 0.018)および前毛細血管性PH(補正オッズ比3.2、95%信頼区間1.1-9; p = 0.027)と関連していた。 ただし重度のPHとは関連していなかった(補正オッズ比2.1、95%信頼区間0.6-7.2; p = 0.219)。
好酸球性フェノタイプのCOPDは肺高血圧症がシビア_e0156318_14060567.png
. 各フェノタイプごとのPH重症度(文献より引用)


以上のことから、好酸球性フェノタイプのCOPDは、肺高血圧症がシビアになるということが言えます。ただ個人的には、ICS/LABAに反応しやすいACO例で肺高血圧症に困った記憶がほとんどなく、また慢性的な息切れも通常COPDのほうが多いでは・・・と感じる部分はあります。





by otowelt | 2021-05-17 00:20 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優