大阪府で1日新規陽性者数が1099人に


4月13日に、大阪府の1日新規陽性者数が1099人になりました。10進法で語るのは好きではありませんが、とりあえず4ケタは初めての事態です。

基礎疾患がそこまでひどくないのに、両側肺炎を発症しているケースが多いです。高齢者クラスターはほとんどおらず、典型例は「家族内クラスターが発生し、子供を残して親が入院してくるパターン」です。直近で発生している重症者も、高齢者に偏っていません(表1)。第1~3波の平均年齢は68歳でしたが、第4波(2021年3月以降)の新規感染者の平均年齢は56歳と明らかに年齢層が低下しています。

大阪府で1日新規陽性者数が1099人に_e0156318_23492271.png
表1. 4月12日24時までの発生重症者(大阪府ホームページより)

片肺が残っておればそれほど酸素飽和度は低下しませんが、両肺に肺炎を起こすと、換気できるスペースが少ないため容易にARDSに陥ります。中には「いきなりARDS」のようなケースもしばしば見受けられ、抗MDA5抗体陽性の急速進行性ILDをひたすら診療し続けているような錯覚に陥ります。N501Y変異の拡がりを見ているのかどうか断言しませんが、少なくともこれまでの波とは異なる重症度です。

大阪府の軽症中等症病床使用率は、数値上まだ余裕があるのですが(表2)、1例1例の重みが前回の第3波よりも増しており、シビアな症例を診療することが多く、現場が疲弊している状況です。

大阪府で1日新規陽性者数が1099人に_e0156318_23110922.png
表2. 入院・療養状況(大阪府ホームページより)

重症病床使用率は、運用・実稼働ベースなど異なる基準でみても、どう足掻いても既に90%以上に到達しています。先日の記事(何かが違う、⼤阪コロナ第4波[URL:https://pulmonary.exblog.jp/29478283/])でも書いたように、挿管・人工呼吸管理をおこなっても、重症病床への転院が難しい患者さんが府内に20人いる状況なので、軽症中等症病床で診続けることが今後常態化すると予想されます。

コロナ禍に入り、当ブログでは何度も書いていますが、一番しんどいのは直接ケアにあたる、看護師です。感謝しかありません。







by otowelt | 2021-04-13 23:32 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31