本の紹介:ねころんで読めるワクチン

ねころんでシリーズの最新作です。私もこっそり2冊出している、大人気シリーズです。
本の紹介:ねころんで読めるワクチン_e0156318_13263487.png
発売日:2021年5月27日
単行本 : 176ページ
価格 : 3,800円 (税別)
出版社 : メディカ出版
著者 : 笠井 正志先生


本の紹介:ねころんで読めるワクチン_e0156318_13305023.jpg
ワクチンの正しい知識を、医療従事者にフワっと教えるフェーズが一番難しいんです。ガチムチの感染症科医は勝手に勉強してくれますが、考えるのが面倒な医療スタッフは「打てばいーんでしょ打てば」みたいな感じで、ロジックの部分はほったらかしになっています。

そこをうまく橋渡しできそうなのがこの本です。 笠井正志先ならではのやさしい語り口で、とくに反ワクチン/反・反ワクチンの議論は、私たちが避けようとしているところなので、しっかりと踏み込まれていてとても感動しました。

そんな間に、藤井先生のハチャメチャ爆笑漫画が結構な頻度で入ってくるので、笑わずにいられません。



by otowelt | 2021-05-23 00:13 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優