本の紹介:誤嚥性肺炎の主治医力

楽しみにして予約していた本を読んでいたら、献本が届いてしまいました。執筆者あるあるです。というくらい、私が待っていた本なのです、これは。
本の紹介:誤嚥性肺炎の主治医力_e0156318_22322579.png
発売日:2021年5月10日
単行本 : 269ページ
価格 : 3,200円 (税別)
出版社 : 南山堂
著者・監修: 吉松 由貴先生・飛野 和則先生



何年前か忘れましたが、著者の吉松先生と初めて出会ったのは、当院が独自におこなっていたセミナーでした。彼女は当時、淀川キリスト教病院にいらっしゃったと思います。体からオーラがあふれ出ていて、少し話しただけですが、この女性は今後活躍する人になるだろうと悟りました。

私は日経メディカルに連載を持っているのですが、『吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」』という連載が3年前から始まって、「おおお!」と勝手に思っていました。

私にはアカデミックに大した業績もないのですが、吉松先生は学会での活躍のみならず、私がふと目にした論文の著者になっていたりして、スゴイ人になってしまいました。2020年で感銘を受けた論文の1つである、反復唾液嚥下テスト(Repetitive Saliva Swallowing Test;RSST)の論文、Medical Tribuneの連載に使わせていただいたくらいです。

■COPD増悪が予測できる、たった30秒の診察(URL:https://medical-tribune.co.jp/rensai/2020/0123523985/)。

この本は、吉松先生が誤嚥性肺炎のエキスパートに質問し、それに対する補足という形でエビデンスが書かれている本です。多職種にわたってインタビューしておられ、普段の診療からチームを意識されているのがよく伝わります。

ちょこちょこ出てくる「主治医力」という言葉。忘れないでおきます。




by otowelt | 2021-05-30 00:30 | 内科一般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31