COVID-19:大阪府の現状(6月10日)

COVID-19:大阪府の現状(6月10日)_e0156318_21464924.png

大阪府の新規陽性者数は100人台に落ち着いています。現在、軽症中等症病床への入院要請は2~3日に1回といったところです。1ヶ月前はまさに医療崩壊の様相でしたが、驚くほど波が去るのが早いのもCOVID-19の特徴なのだと実感します。

COVID-19:大阪府の現状(6月10日)_e0156318_21490949.png

の黄色の部分が、軽症中等症病床で管理した重症患者数です。なんか配色を変えたら、炎みたいになってしまいましたね。現在、重症患者数の急減によりこれはほぼゼロになりました。

大阪府は第5波に向けて、現在、計画上の重症病床数224床のところを、積み増しして倍増できないか検討しています。

コロナ病棟を有する病院の職員の皆さんが気になるのは、「ワクチン施策が第5波に間に合うのかどうか」だと思います。接種速度も上がってきているため、こればかりは神のみぞ知るといったところですが、緊急事態宣言の再延長をおこなう蓋然性がなく、7月からは楽観ムードとともに自粛が緩和されると思います。そのため、7~9月には第5波がやってくると想定されます。高齢者の患者数は少なくなるかもしれませんが、BMIが高い人やコントロール不良糖尿病の人がデルタ株(いわゆるインド株)に感染して、シビアな肺炎でどんどん入院してくる可能性もあります。

第1~2波の頃は、軽症例が多かったのですが、第3波、第4波と次第に重症度が底上げされています(もちろん感染者数が増えたことも要因です)。第5波は、もしかすると軽症中等症病床がガラガラなのに重症病床がまたもや足りなくなる局面があるかもしれません。

第5波の可能性については、西浦博先生がシミュレーションを公開されています。BuzzFeedの記事が分かりやすいです。

■8月初めに再び緊急事態宣言レベルの感染拡大 8割おじさんこと西浦博さんが最新のシミュレーションを公開


COVID-19:大阪府の現状(6月10日)_e0156318_22032975.png

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-06-10 22:03 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優