COVID-19:STOP-COVID試験:トファシチニブの有効性

COVID-19:STOP-COVID試験:トファシチニブの有効性_e0156318_19562421.png

新型コロナ、このままJAK阻害剤を制覇するのかな・・・。抗ウイルス薬併用はトファシチニブ群13.9%、プラセボ群12.4%と少ない結果でしたが、論文を読むと全例オセルタミビルということでした。



  • 概要
■COVID-19の肺炎で入院した患者に対するJAK阻害剤であるトファシチニブの有効性と安全性は不明である。

■COVID-19の肺炎の入院した成人に、10mgのトファシチニブまたはプラセボを1日2回、最長14日間または退院するまで、ランダムに1:1の比率で割り付けた。プライマリアウトカムは、8ポイントの順序尺度(1~8点、8点が最悪)を使用して評価した28日目までの死亡または呼吸不全の発生とした。総死亡と安全性が評価された。

■289人の患者がブラジルの15施設でランダム化された。患者の89.3%が入院中に全身性ステロイドを投与された。28日目までの死亡または呼吸不全の累積発生率は、トファシチニブ群で18.1%、プラセボ群で29.0%だった(リスク比0.63; 95%信頼区間0.41〜0.97; P = 0.04)。28日目までの総死亡は、トファシチニブ群2.8%、プラセボ群5.5%だった(ハザード比、0.49; 95%信頼区間0.15〜1.63)。プラセボと比較して、トファシチニブの8ポイントスコアが悪いという比例オッズ比は14日目で0.60(95%信頼区間0.36〜1.00)、28日目で0.54(95%信頼区間0.27〜1.06)だった。重篤な有害事象は、トファシチニブ群で20例(14.1%)、プラセボ群で17例(12.0%)に発生した。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-06-18 20:01 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31