COVID-19:メタアナリシス:イベルメクチンは総死亡、入院期間に対して効果みられず

COVID-19:メタアナリシス:イベルメクチンは総死亡、入院期間に対して効果みられず_e0156318_11054848.png

イベルメクチンは中南米やインドなどで有効とされる臨床試験もありましたが、個々の臨床試験の質が問われていました。CIDでこの結果が出たことは、非常に大きな意味を持ちます。



■COVID-19患者におけるイベルメクチン使用の医学的利益と有害性をシステマティックレビューした。

■COVID-19成人患者に対するイベルメクチンの効果を評価するためのランダム化比較試験が、2021年3月22日まで検索された。

■プライマリアウトカムは、総死亡率、入院期間、有害事象とした。セカンダリアウトカムとして、ウイルス排出と重度の有害事象が含まれた。バイアスリスク(risk of bias)は、Cochrane RoB2.0ツールで評価した。GRADEにより質の評価を行い、メタアナリシスをおこなった。

■10件のランダム化比較試験(患者数1173人)が含まれた。対照群は、5つのランダム化比較試験では標準治療で、5つのランダム化比較試験ではプラセボだった。COVID-19の重症度は、8件で軽症、1件で中等症、1件で軽症~中等症だった。

■イベルメクチンは、対照群と比較して総死亡(リスク比0.37、95%信頼区間0.12~1.13)または入院期間(平均差0.72日、95%信頼区間-0.86~2.29)を減少させなかった。有害事象、重度の有害事象、およびウイルス排出は両群同等だった。バイアスリスクが高い3つのランダム化比較試験において総死亡率が低下していた。
COVID-19:メタアナリシス:イベルメクチンは総死亡、入院期間に対して効果みられず_e0156318_11035327.png
. 総死亡・入院期間(文献より引用)






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-06-29 11:06 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31