肥満のIPF急性増悪患者は死亡率が低い

肥満のIPF急性増悪患者は死亡率が低い_e0156318_22122818.png

かなり大規模なDPCデータを用いた解析で、肥満のほうが死亡率が低いというのが興味深い知見でした。IPF急性増悪なので、ベースの死亡率は高いです。これは過去の報告と同等です(Am J Respir Crit Care Med 2014; 190: 773-779)。

肥満パラドクスは「やせは早死にしやすく、肥満は長生き」という現象のことを指すことが多いのですが、そもそも少し肥満のほうが長生きすることが最近わかってきて、こちらのほうが定説になりつつあります。

となると、パラドクスというのはどちらを意味するのか・・・という迷宮に入り込む次第。




  • 概要
■特発性肺線維症(IPF)は、慢性線維化を特徴とする間質性肺疾患であり、IPFの急性増悪(AE-IPF)はIPF患者の主要な死因である。BMIとAE-IPFの予後との関連性に関するデータは不足している。この研究では、国内入院患者データベースを用いて、AE-IPFを発症した患者のBMIと院内死亡率の関連を評価した。

■日本のDPCデータベースを用いて,2010年7月1日から2018年3月31日までにAE-IPFを発症した入院患者のデータを後ろ向きに収集した。多変量ロジスティック回帰分析を行い、院内死亡率と、BMI別に分類した集団の関連とを評価した。

■合計14783人の患者が本研究の対象となった。院内死亡率は、低体重群、低正常体重群、高正常体重群、過体重群、肥満群でそれぞれ59.0%、55.0%、53.8%、54.8%、46.0%だった。低体重の患者は、低正常体重の患者に比べて、死亡率が有意に高く(オッズ比1.25、95%信頼区間1.10-1.42)、肥満の患者は、死亡率が有意に低かった(オッズ比0.71、95%信頼区間0.54-0.94)。
肥満のIPF急性増悪患者は死亡率が低い_e0156318_22080723.png
. 総死亡率(文献より引用)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-08-28 00:49 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31