COVID-19:大阪府の現状(7月10日)

COVID-19:大阪府の現状(7月10日)_e0156318_11092754.png

定例報告みたいになってきましたが、大阪府のCOVID-19の現状について書きたいと思います。「裾野」からデータを見ていきたいと思います。SARS-CoV-2の新規陽性者数は下げ止まりの傾向があるものの、急増はなさそうです。そのため、ホテル療養者もまだ増えていません。

COVID-19:大阪府の現状(7月10日)_e0156318_11101122.png

軽症中等症病床もきわめて穏やかな運用が続いています。これも下げ止まり感があります。20~30歳台の入院が増えてきました。軽症例も多いですが、20歳台で結構広範囲の肺炎を発症しているケースもあって、これはデルタ型変異ウイルスをみているのかもしれません(多くの病院では変異ウイルスの検査はされておらず)。

COVID-19:大阪府の現状(7月10日)_e0156318_11105510.png

重症患者数については、第3波の収束時と同じ水準にまで減少しています。大阪府の実確保病床は390床まで増えており、ワクチンの効果も出始めていることから、医療逼迫は前波よりマシになるかもしれませんね。

COVID-19:大阪府の現状(7月10日)_e0156318_11122943.png
第4波は大阪が地獄でしたが、今回第5波に入りつつある状況で、すでに景色が違うのが関東です。東京都の軽症中等症入院患者数が明確な第5波入りを示唆しているように見えます。重症患者数は増えていませんが、ちょっとよくない傾向ですね。4回目の緊急事態宣言にどのくらいの抑制効果があるのか、注目したいと思います。


COVID-19:大阪府の現状(7月10日)_e0156318_11152782.png

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グラム染色診療ドリル [ 林 俊誠 ]
価格:3960円(税込、送料無料) (2021/7/6時点)



by otowelt | 2021-07-10 11:17 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31