COVID-19:ATOMIC2研究:軽症~中等症に対するアジスロマイシンは死亡や入院を減らさない

COVID-19:ATOMIC2研究:軽症~中等症に対するアジスロマイシンは死亡や入院を減らさない_e0156318_21565787.png

RECOVERY研究においても無効であると結論づけられています。RECOVERY研究では、28日死亡率は、アジスロマイシン併用群22%、通常治療単独群22%でした(率比0.97、95%信頼区間0.87-1.07、P=0.50)。



Hinks T, et al. Azithromycin versus standard care in patients with mild-to-moderate COVID-19 (ATOMIC2): an open-label, randomised trial. Lancet Respir Med . 2021 Jul 9;S2213-2600(21)00263-0

  • 概要
■アジスロマイシンの抗菌・抗炎症・抗ウイルス性は、COVID-19に対する治療の可能性を示唆している。軽度から中等度の疾患におけるランダム化データはない。われわれは、アジスロマイシンが軽症~中等症COVID-19患者の入院を減らすのに有効かどうかを評価した。

■この前向き非盲検ランダム化優越性試験は、イギリスの19病院で行われた。対象は、臨床的にCOVID-19と診断されたか、あるいはその可能性が高い、18歳以上の成人で、当初外来管理が妥当と考えられる患者を登録した。

■患者は、アジスロマイシン(500mgを1日1回、14日間経口投与)+標準治療、または標準治療のみに、1:1の割合でランダムに割り付けられた。主要評価項目は、ランダム化から28日間の総死亡または入院とした。主要評価項目および安全性評価項目は、ITT集団で評価された。

■2020年6月3日~2021年1月29日までに298人の参加者が登録された。6人の参加者が同意を撤回したため、292人の参加者(アジスロマイシン群145人、標準治療群147人)で主要評価項目をみた。参加者の平均年齢は45.9±14.9歳だった。アジスロマイシン群で15人(10%)、標準治療群で17人(12%)の参加者が試験期間中に入院または死亡した(補正オッズ比0.91 [95%信頼区間0.43-1.92]、p=0.80)。重篤な有害事象は報告されなかった。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-07-14 00:30 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優