リアルワールドにおけるIPF急性増悪:ピルフェニドン vs ニンテダニブ

リアルワールドにおけるIPF急性増悪:ピルフェニドン vs ニンテダニブ_e0156318_15560973.png
単施設(東邦大学医療センター 大森病院)の後ろ向き観察研究ですが、ピルフェニドンのほうが急性増悪率が低いという結果でした。ニンテダニブのデメリットとしては、下痢が多いことや体重減少が多いということがすでに指摘されています。


Isshiki T, et al. Incidence of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis in patients receiving antifibrotic agents: Real-world experience. Respir Med . 2021 Jul 26;187:106551.

  • 概要
■特発性肺線維症の急性増悪(AE-IPF)は、IPFの臨床経過中に起こりうる致命的な事象である。臨床試験のデータでは、抗線維化薬であるピルフェニドンやニンテダニブがAE-IPFのリスクを低減する可能性が示唆されているが、臨床現場で抗線維化薬の投与を受けている患者のAE-IPFの発生率は明らかになっていない。

■抗線維化薬を投与されている患者のAE-IPFの発生率を明らかにし、ピルフェニドンとニンテダニブを投与されている患者のAE-IPFの頻度を比較すること。

■2009年から2018年までの期間に、単施設当院でピルフェニドンまたはニンテダニブの投与を開始したIPF患者199人の臨床記録を後ろ向きにレビューした。ベースラインの患者特性、AE-IPFの発症率、AE-IPF発症後のアウトカムを分析した。

■観察期間中、AE-IPFの1年、2年、3年の累積発生率は、それぞれ9.3%、22.1%、25.0%だった。ピルフェニドン vs ニンテダニブにおいては、5.1 % vs. 18.6 %、20.4 % vs. 25.2 %、22.6 % vs. 29.6 %だった。AE-IPF の発生率は、ピルフェニドン群がニンテダニブ群よりも有意に低かった(P = 0.035)。また,AE-IPF発症後の3ヶ月生存率は、ピルフェニドン群で61.1%、ニンテダニブ群で61.5%で、アウトカムは両群同等だった。

リアルワールドにおけるIPF急性増悪:ピルフェニドン vs ニンテダニブ_e0156318_15532528.png
.AE-IPF累積発生割合(文献より引用)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-09-07 00:41 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31