COVID-19:PRINCIPLE研究:ブデソニドはハイリスク症例に対して回復までの時間を改善


COVID-19:PRINCIPLE研究:ブデソニドはハイリスク症例に対して回復までの時間を改善_e0156318_00003014.png
日本の観察研究では、シクレソニドの効果が否定されています。ブデソニドは国際的にもよく使われているICSの1つですが、基本的にICSの使い分けというものは吸入デバイスとICS用量以外において差はないと思っているので、ブデソニドが効果的とするとシクレソニドrevisitという可能性も微レ存でしょうか・・・?

■参考記事:COVID-19:STOIC試験:ブデソニド(パルミコート)は軽症例において効果あり?




■以前の有効性試験では、入院していない患者のCOVID-19に対する吸入ブデソニドの有効性が認められたが、ハイリスク者における有効性は不明である。われわれは、吸入ブデソニドが、ハイリスク患者の回復までの時間とCOVID-19関連の入院または死亡を減少させるかどうかを検証した。

■PRINCIPLE研究は、多施設共同非盲検ランダム化比較試験で、イギリスのプライマリケアセンターで行われた。対象者は、65歳以上、あるいは50歳以上で合併症を持ち、COVID-19が疑われる状態で14日以内に悪化したが入院していない患者とした。

■被験者は、通常ケア、通常ケア+ブデソニド吸入(800μg1日2回×14日間)、通常のケア+その他介入にランダムに割り付けられ、28日間追跡された。参加者は割り付け群を認識していた(非盲検)。

■主要評価項目は、自己申告による最初の回復までの期間、およびCOVID-19に関連した28日以内の入院または死亡であり、ベイズモデルを用いて分析した。

■4700人の参加者を、ブデソニド群(n=1073)、通常ケア群(n=1988)、その他の治療群(n=1639)にランダムに割り付けた。一次解析モデルには、SARS-CoV-2陽性の参加者2530人が含まれ、ブデソニド群が787人、通常ケア群が1069人、その他の治療を受けた974人が含まれた。自己申告による回復までの期間は、ブデソニド群と通常ケア群で推定2.94日(95%ベイズ確信区間1.19~5.12)の差だった。優越性の確率は0.999を超え、事前に規定した優越性の閾値0.99を満たした。入院または死亡のアウトカムについては、ブデソニド投与群で6.8%(95%ベイズ確信区間4.1~10.2)、通常治療群で8.8%(95%ベイズ確信区間5.5~12.7)(推定絶対差2.0%[95%ベイズ確信区間-0.2~4.5]、オッズ比0.75[95%ベイズ確信区間0.55~1.03])となり、優越性の確率は0.963で、事前に規定した優越性の閾値0.975を下回っていた。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-08-15 20:26 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優