メタアナリシス:バーチャル気管支鏡の診断率

メタアナリシス:バーチャル気管支鏡の診断率_e0156318_09553539.png

使用するバーチャル気管支鏡のソフトウェアによるかと思います。当院では主に2つ使用していますが、やはり簡便に経路が作成できるソフトのほうが使いやすいですね。


Giri M, et al. Virtual bronchoscopic navigation versus non-virtual bronchoscopic navigation assisted bronchoscopy for the diagnosis of peripheral pulmonary lesions: a systematic review and meta-analysis. Ther Adv Respir Dis . Jan-Dec 2021;15:17534666211017048.

■肺末梢病変の生検を補助する手段として、バーチャル気管支鏡ナビゲーション(VBN)などの画像ガイド付き気管支鏡技術が登場している。しかし、末梢性肺病変(PPL)の診断におけるVBNの役割は十分に確立されていない。このメタアナリシスでは、PPLに対するVBNと非VBN(NVBNA)気管支鏡の診断率を調査した。

■PubMed,Embase,Cochrane library,Web of Sciencesデータベースを2020年8月までに検索し,VBNパフォーマンスをNVBNA群と比較して評価した無作為化対照試験を同定した。

■6つのRCT、1626人の患者が対象となった。全体の診断率は、VBN群(74.17%)とNVBNA群(69.51%)で同等であり、リスク比は1.07(95%信頼区間0.98-1.17)だった。しかし、VBN群では、NVBNA群に比べて総検査時間が有意に短かった(平均差-3.94分,95%信頼区間-6.57~-1.36,p=0.003)。PPLが20mm以下の場合、VBNはNVBNAよりも優れた診断率を示した(リスク比1.18、95%信頼区間1.05-1.32)。さらに、病変の性質、肺葉内の病変位置、門脈からの距離、気管支所見、合併症などによる診断率は、VBN群とNVBNA群で同等だった。
メタアナリシス:バーチャル気管支鏡の診断率_e0156318_09445696.png
. 全体の診断率(文献より引用)
メタアナリシス:バーチャル気管支鏡の診断率_e0156318_09451849.png
. 検査時間(文献より引用)

■VBNは、NVBNAと比較して、PPL患者の全体的な診断率を向上させなかった。NVBNAに対するVBNの優位性は、PPL20mm以下の患者において明らかであった。今後の多施設RCTでの検討が必要である。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2021) [ 倉原優 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)



by otowelt | 2021-10-25 00:32 | 気管支鏡

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優