中等症~重症喘息に対するイテペキマブ


中等症~重症喘息に対するイテペキマブ_e0156318_15390557.png
IL-33、上流のアラーミンでILC2→IL-5→好酸球の流れに関連しているサイトカインです。試験にはよく出てくるIL-33ですが、イテペキマブの実臨床における力は果たしてどうでしょううか。

デュピルマブと併用する、となるともう薬価の問題が・・・。

COPDにおけるイテペキマブについては過去に記事にしています。



Wechsler ME, et al. Efficacy and Safety of Itepekimab in Patients with Moderate-to-Severe Asthma. N Engl J Med . 2021 Oct 28;385(18):1656-1668

  • 概要
■IgE、IL-4、IL-13、IL-5を標的とするモノクローナル抗体は、重症の2型喘息の治療に有効であるが、新たな標的が必要である。イテペキマブは上流のアラーミンであるIL-33に対する新しいモノクローナル抗体である。喘息患者における同剤単剤治療およびデュピルマブとの併用療法の有効性は不明である。

■第2相試験において、吸入ステロイド(ICS)と長時間作用性β-アゴニスト(LABA)の投与を受けている中等症~重症の成人喘息患者を、イテペキマブ(用量300 mg)の皮下投与、イテペキマブ+デュピルマブ(ともに300 mg)の併用療法、デュピルマブ(300 mg)、またはプラセボを2週間ごとに12週間投与するよう、1:1:1:1の割合でランダムに割り付けた。ランダム化後、LABAは4週目に中止し、ICSは6~9週目に漸減した。主要評価項目は、喘息のコントロールの喪失とし、プラセボ群と比較してイテペキマブ群と併用群で評価された。副次的評価項目およびその他の評価項目として、肺機能、喘息コントロール、QOL、2型炎症性バイオマーカー、安全性とした。

■296人の患者がランダム化された。12週目までに喘息コントロールの低下を示す事象が発生したのは、プラセボ群の41%に対し、イテペキマブ群では22%、併用群では27%、デュピルマブ群では19%であり、プラセボ群と比較したオッズ比は以下の通り:イテペキマブ群0.42(95%信頼区間0.20~0.88,P=0.02)、併用群0.52(95%信頼区間0.26~1.06,P=0.07)、デュピルマブ群0.33(95%信頼区間0.15~0.70)。プラセボと比較して、気管支拡張前1秒量は、イテペキマブとデュピルマブの単剤療法では増加したが、併用療法では増加しなかった。イテペキマブの投与は、プラセボと比較して、喘息のコントロールとQOLを改善し、平均血中好酸球数のより大きな減少をもたらした。有害事象の発生は、4グループすべてで同程度だった。

デュピルマブ以上に加えたからといってそれ以上の恩恵はなさそうで、まったく入れないよりはイテペキマブはあったほうがよいという位置づけです。つまり、他の抗体医薬品とそう変わらないと言えますね。





by otowelt | 2021-11-19 00:25 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優