本の紹介:それでも君は医者になるのか

『泣くな研修医』で大ブレイク中の小説家外科医中山祐次郎先生の「それでも君は医者になるのか」。
本の紹介:それでも君は医者になるのか_e0156318_22182237.png
発売日:2021年11月18日
単行本 : 341ページ
価格 : 1,500円 (税別)
出版社 :日経BP
著者:中山祐次郎 先生


医師の働き方やプライベート、その他中山先生ならではのエピソードが詰め込まれた珠玉のオムニバス。医師を志す人間が減っているのか増えているのか私には知るべくもありませんが、これを読んで医師を志す人が増えてくれればと思いますね。

本の紹介:それでも君は医者になるのか_e0156318_22233661.jpg
実はこの本の執筆に際して、関西第4波に関するやりとりを行いまして。看護師が直面したことについては12月1日発売の私の著書に書かせていただきましたが、第4波のさなか私が感じたことを率直に語らせていただきました。新型コロナのようなイヤらしい新興感染症は、今後二度とやってこない可能性もありますが、「そのとき医師が体験したこと」を中山先生がうまくインタビューしてくれています。

本の紹介:それでも君は医者になるのか_e0156318_22280980.jpg

中山先生が医師を志した経緯が最後の方に書かれています。「アツくなれるかどうか」は私もかなり重要視しています。一生涯続けていく職業ですから、医学を勉強してワクワクできる人間でありたい。私も地頭がよいほうではないため、知らないことばかりでいつもキラキラしています(おいイイのかそれで)。



by otowelt | 2021-11-21 00:17 | その他

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優