徹底比較! 改訂された国内外の喘息GL

徹底比較! 改訂された国内外の喘息GL_e0156318_20493443.png
メディカルトリビューンに、ひさびさにクソ長い記事を書いてしまいました。編集部の皆さんすいません。

■ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) 「徹底比較! 改訂された国内外の喘息GL」

「海外では年に1回、『Global Initiative for Asthma』(GINA)という喘息のガイドラインが改訂されている。10月には日本の『喘息予防・管理ガイドライン2021』(JGL2021)も3年ぶりに改訂され、発売された。今回はGINA2021とJGL2021の共通点と相違点を踏まえ、成人喘息におけるマネジメントについて考えてみたい。」

・ICS/LABA:より早期の軽症で使用を推奨するGINA2021
・LAMA:JGL2021でもトリプル吸入製剤が登場
・アジスロマイシン:GINA2021の最重症ステップで登場
・アレルゲン免疫療法:JGL2021の全ての重症度で追加治療に
・抗体医薬品:JGL2018ではステップ3から使用可能

Medical Tribuneに登録しないと読めませんが、医師なら登録マストですよ!!!


by otowelt | 2021-11-20 00:49 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優