COVID-19:大阪府の現状(12月31日)



COVID-19:大阪府の現状(12月31日)_e0156318_10473632.png

軽症中等症病床における入院患者数が、時短要請が解除された10月の数値にリバウンドしつつあります。重症病床が逼迫することはそうそうないのではないか、というくらいほとんどが軽症です。胸部画像で肺炎もほとんど観察されていません。オミクロン株かどうかは全例行政検査が入りますが、ウイルス量が少なく判定不能のケースについては困っちゃいますね。

国外のデータがそろってきましたが、オミクロン株に関しては、ワクチン接種の恩恵を差し引いても重症度が低いと考えられます。ただ、実効再生産数が高いため、この掛け算の積がこれまでの変異ウイルスと比べてどうなのか、というところが論点になります。

いずれにしても、軽症であれば、自宅あるいは宿泊療養で観察することが妥当でしょう。アドバイザリーボードでもすでにこの点は指摘されており、オミクロン株が原則入院という規定も今後緩和されると予想されます。軽症者がたくさんコロナ病棟にいることで、裾野から医療逼迫がすすんでいくので、自治体ごとに柔軟に緩和に踏み切ってもらいたいと考えています。

そういえば、CDCでは新型コロナ陽性者や濃厚接触者の自宅待機期間が5日間へ緩和されています。確かに感染後5日くらいでは周囲に感染を広げにくいとは思いますが、なかなか思い切った決断でしたね。

COVID-19:大阪府の現状(12月31日)_e0156318_10535672.png
■参考:新型コロナ陽性者・濃厚接触者の隔離期間の現状まとめ 諸外国は短縮方向へ(URL:https://news.yahoo.co.jp/byline/kuraharayu/20211229-00274875



by otowelt | 2021-12-31 11:09 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優