COVID-19:大阪府の現状(1月23日)

COVID-19:大阪府の現状(1月23日)_e0156318_11275836.png
前回の報告から日が空いていませんが、徐々に病床が逼迫してきました。大阪府の現在の感染者数は4万人を超え、第4波・5波が小さく見えてきました。

重症化率が低くても、母数が多いため当然軽症中等症病床への入院要請もそれなりの数があります。入院後、重症になった症例もありました。ただ、アルファ株やデルタ株よりは戦いやすいとは感じています。

COVID-19:大阪府の現状(1月23日)_e0156318_11280972.png
週末から中等症Iや中等症IIの症例も散見されるようになってきました。デルタ株のような両肺すりガラス陰影はほとんどありませんが、ワクチン未接種者においてはまるでデルタ株のような肺炎を起こす症例も経験しています(デルタ株なのかも)。

ワクチン2回接種済でもブレイクスルー感染する高齢者がやはりたくさんおり、予備能が低いことから中等症I以上になる患者さんもいます。第5波のときのような「高齢者不在」とは景色が違い、驚いています。

印象としては第2~3波と似ています。



by otowelt | 2022-01-23 11:34 | 感染症全般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優