本の紹介:お母さんを診よう 第2版

編集をされている中山明子氏、実は音羽病院時代の研修医の同期です。指導医だった先生も後輩だった後輩研修医もみんな医学書を書いていて、音羽病院マジスゲエなと今さらながら感じています。

本の紹介:お母さんを診よう 第2版_e0156318_14233739.png

発売日:2022年4月27日
単行本 : 364ページ
価格 : 4,400円 (税別)
出版社 : 南山堂
編集: 中山 明子先生・西村 真紀先生


というわけで、名著の改訂第2版です。第1版からさらにグレードアップしています。女性のライフステージにそって、どのような問題があるか、またそれに対してどのように著者は対応しているか、具体的事例を最後に挙げて頭に残りやすい構成に仕上がっています。完成度が、かなり高いです。

本の紹介:お母さんを診よう 第2版_e0156318_14423602.png
中山氏は研修医時代からバイタリティあふれる人でした。おっといかん、過去形で書いたら故人みたいになってしまいますね。救急当直でも的確に検査をテキパキオーダーしていて、どういうマネジメントをしているのか、勉強させてもらっていた記憶があります。研修医の同期はみな非常に個性的で、みんなさまざまな領域に旅立っていきました。

彼女は大津ファミリークリニックという、音羽病院の総合内科部長である谷口洋貴先生(研修医時代の指導医)がおられたクリニックで院長をしています。私は滋賀県出身で、自分の親も大津市に住んでいます。病気をしたらここで診てもらいたいなとひそかに思っています。(現在、大津市の大きな病院は色々大変ですからね・・・・)




by otowelt | 2022-05-07 00:55 | 内科一般

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31