気管支肺胞洗浄液の回収不良の予測因子


またもや複十字病院の下田先生の論文です。生ける伝説レジェンド・シモダの着眼点は、「あーそうかもー!」というテーマが多いです。呼吸器内科医が読んでて楽しいエンタメ要素も入っており、「勉強になる」と「楽しい」が共存する、独特の読了感があります。彼が古代ギリシャに生まれていたら、偉大な発明家になっておられたと思います。

さてこの論文、BAL回収率についての話です。基本的に、150mL入れて、80mL回収すれば「よし」、100mL回収すれば「やるやんけ」と褒められます。30%というのは45mLですから、少ないですね。真水が多くなってしまいます。

現場でBALを引っ張っていて「こらあかーん!」と思うのは、引っ張り始めた直後からすぐに気管支が虚脱(コラプス)する例です。もう少し隙間があるほうが回収がよくなるのかな?とほんの少しカメラを引いたりしますが、こねくり回して回収した液体にBALとしての価値が本当にあるのか、誰にも分かりません。

※すごいアホな話なんですけど、この論文、楕円の面積を求めるのに「÷4」をするのかが分からなくて、ここで一番時間がかかりました。半径じゃないんですからそりゃそうです。




Shimoda M, et al. Analysis of predicted factors for bronchoalveolar lavage recovery failure: An observational study. PLOS ONE. doi.org/10.1371/journal.pone.0275377 September 30, 2022

  • 概要
■一般的に気管支肺胞洗浄液(BAL)の回収率は、有効な診断のために30%以上であることが望ましいとされている。BAL回収不良の原因は不明のことが多い。そこで、本研究では、3次元画像解析システムを用いてBALの対象気管支を調査し、BAL回収不良の予測因子を同定した。本研究では、BAL回収失敗の予測因子を検出した。

■2018年6月~2022年3月に複十字病院でBAL処置を受けたthin slice CTが得られた成人患者338例のデータを後ろ向きに収集し、BAL回収率に関連する因子を同定した。BALは、150mLの室温生理食塩水を注入した。BALの処置中、鎮静剤としてミダゾラム1〜5mg,鎮痛剤としてペチジン17.5〜35mgを静脈内投与した。

■登録患者の年齢中央値は70.5歳(IQR:60.0-77.0)、男性200人(59.2%)であった。BAL回収率の中央値は51.0%(IQR:39.3-60.0)、回収シリンジの内訳は、1本目15.0%(IQR:10.0-19.0),2本目24.0%(IQR:18.0-30.0),3本目37.0%(IQR:29.0-43.0)だった。既喫煙者は非喫煙者に比べて回収率が低く、現喫煙者は非喫煙者、既喫煙者との間に有意差はなかった。

■BAL失敗群(回収率30%未満:36例[10.7%])とBAL成功群(回収率30%以上:302例[89.3%])に分け、SYNAPSE VINCENT volume analyserを用いた3D画像解析システムを用いて標的気管支を解析し、両群のデータを比較した。

気管支壁面積:(気管支外径長軸長)×(気管支外径短軸長)×3.14÷4-(気管支内腔の面積)

■BAL失敗群の患者は、高齢(中央値74.5歳[IQR 68.0-79.0]vs 70.0歳[IQR 59.0-76.0],p = 0.016),男性(n = 27[75.0%] vs n = 172[57.0%],p = 0.048)、COPD(n = 7 [19.4%] vs n = 14 [4.6%], p = 0.003)、BALの標的気管支が中葉・舌区以外(n = 11 [30.5%] vs. n = 35 [11.6%], p = 0.004)の頻度が高いことがわかった。気管支壁面積はBAL回収率と正の相関があり(r = 0.141,p = 0.009)、BAL失敗群の気管支壁面積は成功群より少なかった(中央値 10.5 mm2 [IQR8.1-14.6] vs. 中央値 14.5 mm2 [11.4-19.0],p < 0.001 )。

気管支肺胞洗浄液の回収不良の予測因子_e0156318_13371347.jpg
表. BALの回収不良の予測因子:二項ロジスティック回帰分析






by otowelt | 2022-10-01 13:45 | 気管支鏡

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー