GLP-1受容体作動薬はCOPD増悪のリスクを低下

GLP-1受容体作動薬はCOPD増悪のリスクを低下_e0156318_01130123.png

何かと不適切処方がさわがれているGLP-1受容体作動薬の話です。



Foer D, et al. Association of GLP-1 Receptor Agonists with COPD Exacerbations Among Patients with Type 2 Diabetes. Am J Respir Crit Care Med. 2023 Aug 30. doi: 10.1164/rccm.202303-0491OC.

  • 概要
■COPDと2型糖尿病が合併すると、臨床アウトカムが不良となる。GLP-1受容体作動薬(GLP-1RA)は喘息増悪リスクを低下させ、COPDにおいて努力性肺活量を改善するというエビデンスがある。この研究ではGLP-1RAが他の2型糖尿病治療薬と比べてCOPD増悪率および中等度・重度増悪リスクの定価と関連するかどうか調べた。

■COPD患者1,642例を対象とした後ろ向き観察研究(2012~2022年)。曝露は、GLP-1RA、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬、SUの処方と定義した。

■未調整のCOPD増悪回数はGLP-1RA使用者で少なかった。DPP-4i[IRR1.48;95%信頼区間1.08~2.04;P=.02]、SU[IRR2.09;95%信頼区間1.62~2.69;P<0.0001]使用者では、GLP-1RA使用者と比較して調整後の増悪率が高かった。GLP-1RAの使用は、DPP-4iおよびSU使用者と比較して重度増悪のリスクを有意に減少させ、SU使用者と比較して中等度増悪のリスクを有意に減少させた。共変量で調整した後においても、中等度増悪リスクはDPP-4i使用者と比較してGLP-1RA使用者で低かった。増悪転帰については、GLP-1RAとSGLT2阻害薬との間に有意差はなかった。





by otowelt | 2023-10-06 00:56 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31