ILAの有病率:スウェーデン住民調査


ILAの有病率:スウェーデン住民調査_e0156318_21505353.png
ILAは軽微な間質性陰影で、コンセンサスとしては陰影の範囲は肺野の5%以上とされています。gravity effectではないものがILAとなります。

一般集団については7%というメタアナリシスがあります(Am J Respir Crit Care Med . 2023 Sep 15;208(6):695-708.)。

■参考記事:ILAの有病率(URL:https://pulmonary.exblog.jp/30408019/



Pesonen I, et al. High prevalence of interstitial lung abnormalities in middle-aged never-smokers. ERJ Open Res. 2023 Sep 25;9(5):00035-2023.

  • 概要
■ILAは胸部CTにおける偶発的所見である。これらは線維性LDの早期に現れることがある。スウェーデン人集団、特に非喫煙者におけるILAの有病率を推定した。

■Swedish CArdioPulmonary BioImage Study(SCAPIS)に登録された住民ベースの6大学病院の調査である。胸部CT検査、スパイロメトリー、アンケートが実施された。ILAは、Fleischner Societyの定義に従った。

■29,521人の参加者のうち、14,487人が非喫煙者で、14,380人が男性であった。全集団において、2870人(9.7%)がILAを有し、うち134人(0.5%)が線維性ILAであった。非喫煙者では、有病率は7.9%で、そのうち線維性ILAは0.3%であった。

  • nonfibrotic ILA:presence of ground-glass opacities, cysts and/or reticular pattern without bronchiectasis
  • ibrotic ILA:presence of honeycombing and/or reticular pattern with bronchiectasis

■全住民において、年齢、喫煙歴、慢性気管支炎、癌、冠動脈石灰化スコア、高感度CRPはILAと関連していた。ILAと線維性ILAの両方が、拘束性換気障害とDLCO低下と関連していた。






by otowelt | 2023-10-22 00:14 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31