小児は吸入ステロイドによって肺炎を起こすか?

小児は吸入ステロイドによって肺炎を起こすか?_e0156318_16273196.png

ICSは軽度ながら肺炎を起こすリスクがあるとされていますが、小児におけるエビデンスがThoraxから出ました。



Kamgang K, et al. Use of inhaled corticosteroids and the risk of hospitalisation for pneumonia in children with asthma: a nationwide cohort study. Thorax. 2024 Jan 6:thorax-2023-220742.

  • 概要
■成人における吸入ステロイド(ICS)の使用と肺炎リスクとの関連については議論の余地があり、小児に特化したエビデンスは乏しい。

■小児(2~17歳)の喘息患者におけるICS使用と肺炎による入院リスクとの潜在的関連を評価すること。

■スウェーデンにおける国内データに基づくコホート研究であった(2007年1月~2021年11月)。喘息が確認された小児42万5965例から、調剤された薬剤の記録を用いてICSを新規に使用したエピソードと使用しなかったエピソードを同定した。傾向スコアのオーバーラップ重み付けを用いて潜在的交絡因子を調整し、肺炎を主診断とする入院のリスクを推定した。複数のサブグループ解析および感度解析も行った。

■ICS 24万9351回(平均追跡期間0.9年)および非使用21万4 840回(平均追跡期間0.7年)が同定された。追跡期間中、肺炎による入院イベントはICS群で369件、非使用群で181件観察された。肺炎による入院の加重罹患率は、ICS群では1万患者年あたり14.5、非使用群では14.6であった。ICS使用に関連した肺炎による入院の加重ハザード比は1.06(95%信頼区間0.88~1.28)であり、絶対率の差は1万患者年あたり-0.06(95%信頼区間-2.83~2.72)イベントだった。






by otowelt | 2024-02-01 01:12 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー