NOTUS研究:COPDに対するデュピルマブ

NOTUS研究:COPDに対するデュピルマブ_e0156318_14071002.png

ATS2024で話題になっている研究ですが、BOREAS試験に追加的な意味合いがあります。現在、COPDに対してデュピクセントが追加適応を申請中です。


メポリズマブ(ヌーカラ)もベンラリズマブ(ファセンラ)もCOPDに対して一定の有効性を示していますが(N Engl J Med. 2017;377(17):1613.、Lancet Respir Med. 2020;8(2):158.)、追加適応の申請にはいたっていません。



■デュピルマブは、2型炎症の主要な中心的要因であるIL-4/IL-13モノクローナル抗体で、COPDにおける有効性と安全性が示されているが、今回実施した2回目の第3相試験で確認されるかどうかは不明である。

■第3相RCTにおいて、血中好酸球数が300/μL以上のCOPD患者をデュピルマブ (300 mg) またはプラセボの皮下投与に 2 週間ごとに割り当てた。

■主要エンドポイントは、中等度または重度の増悪の年換算率である。多重性を調整した副次エンドポイントには、12週目と52週目のトラフ1秒量、SGRQスコアのベースラインからの変化が含まれた。

■935人の患者がランダム化され、470人がデュピルマブ群に、465人がプラセボ群に割り当てられた。

■中等度または重度の増悪の年換算率は デュピルマブ0.86 (95%信頼区間0.70 ~ 1.06)、プラセボ 1.30 (95%信頼区間1.05 ~ 1.60)だった。プラセボと比較した比率は0.66 (95%信頼区間0.54 ~ 0.82; P<0.001) でした。トラフ1秒量は、プラセボ(最小二乗平均変化57 ml [95%信頼区間23~173])と比較して、デュピルマブでベースラインから12週目まで有意に増加した(最小二乗平均変化139 ml [95%信頼区間105~173])。 91])、また、12週目では82ml(P<0.001)、52週目では62ml(P=0.02)で有意な最小二乗平均差が確認された。

■ベースラインから52週間までのSGRQスコアの変化には、グループ間の有意差は観察されなかった。有害事象の発生率は2群同様であり、デュピルマブで過去確立されたプロファイルと一致していた。






by otowelt | 2024-05-21 10:50 | 気管支喘息・COPD

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優
カレンダー