吸入ステロイドは女性の全死亡率と心血管イベントによる死亡率を減少

吸入ステロイドは女性の全死亡率と心血管イベントによる死亡率を減少_e0156318_1442958.jpg

Prospective Study of Inhaled Corticosteroid Use, Cardiovascular Mortality, and All-Cause Mortality in Asthmatic Women. Chest 2008;134;546-551

吸入ステロイドは女性の心血管イベントの減少と死亡率の減少をもたらす。
2671人の女性が登録され、その中には喘息やCOPDの患者がいた。
全体の54%が吸入ステロイドを使用していた。
吸入ステロイドは、死亡率を減らした(オッズ比 0.58;95%CI 0.36-0.92)。
また、心血管イベントによる死亡も減らした(オッズ比 0.35;95%CI 0.13-0.93)。
しかしながら、癌による死亡や他の原因による死亡は減らさなかった。(当たり前だが)

だからといって、診療内容に大きな差がでるわけではないのだが。
by otowelt | 2008-11-26 14:43 | びまん性肺疾患

近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科の 倉原優 と申します。医療従事者の皆様が、患者さんに幸せを還元できるようなブログでありたいと思います。原稿・執筆依頼はメールでお願いします。連絡先:krawelts@yahoo.co.jp


by 倉原優