2010年 05月 19日 ( 4 )

成人パルボウイルスB19感染症

●概要
 ヒトパルボウイルスB19は、ウイルス性関節炎で最も多い疾患である。
 小児におけるヒトパルボウイルスB19感染症は皮疹が特異的であり、
 地域に集団発生するため診断しやすい。
 しかしながら、成人のヒトパルボウイルスB19感染症は、小児とは違い
 典型的皮疹を伴わないことが多く、風疹様の丘疹・紅斑、浸出性紅斑、紫斑、
 点状出血など多彩な症状があらわれる。
               臨床皮膚科2006;60(5):27―30.
成人パルボウイルスB19感染症_e0156318_113944100.jpg
●症状
 成人におけるヒトパルボウイルスB19感染症は、多彩な臨床症状を呈し、
 合併症として赤芽球癆や血小板減少症、妊娠初期胎児水腫が知られている。
               Internal Medicine 2002;41(4):247―8.
               総合臨床2004;53(4):1611―5.

 ウイルスの直接的な赤血球系前駆細胞障害作用による症状と
 ウイルス感染に対する免疫学的反応に基づく症状とに分けられる。
 前者に溶血性貧血患者における一過性無形成発作、免疫不全における赤芽球癆、
 胎児水腫があてはまり、後者に伝染性紅斑、多関節炎、脳炎、
 ウイルス関連血球貪食症候群などが含まれる。

 発熱・倦怠感・頭痛などの感冒様症状のほか、関節痛、筋肉痛、蛋白尿など
 さまざまな症状、データ異常を示す。
 成人の散発例ではどの症状・所見が優位であるかによって誤診が多くなる。

 浮腫、関節痛、紅斑のうち少なくとも二つを示す成人患者において、
 かつ感染のリスクとして
 1)同居の小児が伝染性紅斑の診断を1 カ月以内にうけている
 2)伝染性紅斑が1 カ月以内に流行した学校保育園に勤務している
 3)同居の小児が1 カ月以内に伝染性紅斑が流行した学校か保育園に通っている
 のうち1つを満足する状態を条件として20 症例を選択して抗体価を測定した
 論文があるが、14 例(70%)でヒトパルボウイルスB19IgM 抗体陽性であった。
               Internal Medicine 2007;1975―8.

 四肢遠位部に浮腫性紅斑と紫斑を認めた場合、gloves and socks 症候群と呼ぶ。
               J Am Acad Dermatol 1990;23:850―4.
成人パルボウイルスB19感染症_e0156318_11462341.jpg

●診断
 15歳~成人のヒトパルボウイルスB19 IgG抗体保有率は50%で、年齢とともに
 抗体保有率が高くなり60 歳以上では80%以上とされている。
               MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1989;38:81-8, 93-7.
 診断としては、急性期7~10日でIgM抗体が陽性になるのでこれを利用する。
 IgM抗体は一度陽性になると2~6ヵ月持続する。
 一過性にリウマトイド因子陽性になることがあるが、リウマチではない。

成人パルボウイルスB19感染症_e0156318_11473570.jpg

●治療
基本的にパルボウイルスB19に対しての治療の必要性はない。
重症例や遷延例では0.4g/kgの免疫グロブリンを5~10日使用することもある。

●予後
 成人ヒトパルボウイルスB19 感染症はおおむね予後は良好な疾患である。
文責"倉原優"

by otowelt | 2010-05-19 11:34 | レクチャー

ED-SCLCにカルボプラチン+エトポシド+イリノテカン3剤併用療法が有効な可能性

Anticancer Drugs から、II相試験の報告。

Triplet combination of carboplatin, irinotecan, and etoposide in the first-line treatment of extensive small-cell lung cancer:a single-institution phase II study.
Anticancer Drugs 2010 Apr 8(Epub ahead of print)


背景:
 小細胞肺癌は進行が速く、ED-SCLC患者の生存期間中央値は
 10ヵ月未満である。本単施設II相試験の目的は、ED-SCLCに対する
 初回治療としてカルボプラチン+エトポシド+イリノテカンによる
 3剤併用療法の効果と忍容性を検討することである。

方法:
 ED-SCLCで化学療法歴のない患者、PS0~2の臓器機能が十分に
 保たれている症例を適格とした。治療は
 カルボプラチンAUC 5  day 1
 イリノテカン150mg/m(2)  day 2
 エトポシド75mg/m(2)  day 1、2、3
 を3週毎に6サイクル実施。

結果:
 54例を登録し、うち47例(87%)がPS 0~1。
 RRは75%で、54例中10例(18%)にCRがみられた。PFS中央値は
 8ヵ月(95%CI 6.6-8.9)、OS中央値は12ヵ月(95%CI 10.3-13.9)。
 Grade 3~4の好中球減少が9例(16.7%)に認められ、1例(1.9%)に
 grade 3の血小板減少がみられた。毒性による死亡例が2例報告(3.7%)。
 
結論:
 予後不良のED-SCLC患者において、
 カルボプラチン+イリノテカン+エトポシド3剤併用療法は有効で忍容性も良好。

by otowelt | 2010-05-19 05:28 | 肺癌・その他腫瘍

ダサチニブ胸水のレビュー

大学病院の呼吸器内科の友人が、
血液内科コンサルトを受けることが多くなったと言っていた、ダサチニブ胸水。

Pleural effusions due to dasatinib.
Curr Opin Pulm Med 2010 Apr 6


背景:
 ダサチニブは、イマチニブ治療不成功後のBCR-ABL陽性CMLと
 フィラデルフィア染色体陽性ALLの治療に承認された、
 新しいTKIである。ただ、ダサチニブの使用はしばしば胸水により困難となる。
 胸水の特徴とともに胸水発症のリスクファクターについて報告。

内容:
 最近の成績では、ダサチニブ関連胸水の頻度は約20%と報告されている。
 1日2回投与レジメンは胸水の発現と有意に相関することが明らかにされており、
 そのために現在、CMLとALLの治療には、1日1回投与が承認されている。
 ダサチニブ関連胸水は、通常リンパ球優位型の滲出液である。
 発現メカニズムは明らかにされていないが、血小板由来成長因子受容体、
 βポリペプチドの非標的抑制などの関与が推察されている。
 一般的な管理法は、投与中断あるいは減量、利尿薬、短期間のステロイド療法など。
 ダサチニブは抵抗性のCML、ALLに有望な薬剤であるが、原因不明の滲出性胸水
 の発現により困難になることがある。1日1回投与により胸水の
 頻度は低下しているが、胸水が生じた場合に、ほとんどは治療中止に至ることなく、
 管理可能であると考えられる。

ちなみに、1日1回がよいという論文↓
Dasatinib 100 mg once daily minimizes the occurrence of pleural effusion in patients with chronic myeloid leukemia in chronic phase and efficacy is unaffected in patients who develop pleural effusion.
Cancer. 2010 Jan 15;116(2):377-86.

by otowelt | 2010-05-19 03:12 | 肺癌・その他腫瘍

GERD症状のある気管支喘息患者において、PPIは喘息症状を改善

慢性咳嗽の鑑別診断に必ず入るのがGERD。
GERD症状のある喘息患者において、PPIが喘息関連データも改善するかどうか検討。
結局のところ、”喘息+GERDがただあっただけ”なのではないかと思ってしまう…。

Effect of Esomeprazole 40 mg Once or Twice Daily on Asthma: A Randomized, Placebo-controlled Study
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2010; 181: 1042-1048.


背景:
 GERDは気管支喘息患者ではcommonである。
 しかしながら、PPIの喘息に対する作用については議論のあるところである。

目的:
 エソメプラゾール40mg1日1回あるいは2回を、GERD症状のある喘息患者に
 投与することによる検討。

方法:
 26週間にわたるランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験(NCT00317044)。
 18~70歳の中等症から重症喘息のGERD症状のある患者を、エソメプラゾールを
 投与する群とプラセボ群に割りつけた。プライマリエンドポイントは、
 朝のピークフローの変化とし、そのほかにも
 夕方のピークフロー、FEV1、ぜんそく症状、QOLアンケート、
 GERD症状アンケート、エソメプラゾールの忍容性も評価。

結果:
 合計961人の患者を割り付け。828人が完遂した。
 朝のピークフローは、プラセボに比べるとエソメプラゾール40mg1日1回群で
 +3.5 L/min; 95% CI, –3.2 to 10.2、40mg1日2回群で
 +5.5 L/min; 95% CI, –1.2 to 12.2であったが、統計学的な差はなかった。
 治療終了時、いずれの用量のエソメプラゾール群も有意にFEV1を改善した。
 (+0.09 L and +0.12 L; P = 0.0039 and P < 0.0001, respectively)
 しかしながら、1日2回群では26週計算では有意な改善を認めている。
 (+0.07 L; P = 0.0042)
 喘息のQOLアンケートでは、エソメプラゾール両群ともに改善を認めている。
 (+0.28 and +0.41; P = 0.0006 and P < 0.0001, respectively).

結論: 
 エソメプラゾールは呼吸機能と喘息関連QOLを改善するかもしれない。
 しかしながら、臨床的にはかなり小さな影響であると考えられる。

by otowelt | 2010-05-19 01:46 | 気管支喘息・COPD