2010年 06月 09日 ( 3 )

ASCO 2010速報:進行NSCLC患者への早期緩和ケアチームの介入の有用性

ASCO 2010速報:進行NSCLC患者への早期緩和ケアチームの介入の有用性_e0156318_12371076.jpg


今回の報告者は過去に、進行期NSCLC患者の治療早期において
外来緩和ケアチームが関わる有用性を50例のphase II試験で報告済である。
                        J Clin Oncol 2007; 25: 2377-2382
ASCO 2010速報:進行NSCLC患者への早期緩和ケアチームの介入の有用性_e0156318_2250159.jpg
緩和ケアモデルとして、やはり急激なギアチェンジではなく
なだらかな緩和ケアの介入を発表者は強調していた。

Effect of early palliative care (PC) on quality of life (QOL), aggressive care at the end-of-life (EOL),and survival in stage IV NSCLC patients: Results of a phase III randomized trial.

方法:
 stage IVと診断されたPS0~2のNSCLC患者が、腫瘍内科医による
 積極的治療とともに早期から緩和ケアチームとも関わるPalliative Care(PC)群
 および通常どおり腫瘍内科医のみに治療をうける標準治療(SC)群にランダム化
 割り付けされた。PC群では割付けから3週以内に緩和ケアチームと面会し、
 最低月1回の頻度で緩和ケアが継続され、一方、SC群では患者本人や家族、
 腫瘍内科医の要望があったときのみ緩和ケアチームが関わった。
 ランダム化前にQOLに関する調査(FACT-Lung)と精神状態に関する調査
 (HADSおよびPHQ-9)が行われ、割り付けから12週後に再調査された。
 プライマリエンドポイントは12週時点におけるQOL、セカンダリエンドポイントは
 12週時点での精神状態、EOLの質、EOLに用いられた医療資源、蘇生の記録。

結果:
 2006年6月~2009年7月に283例の適格例のうち151例が登録。
 12週時点で27例(PC群17例、SC群10例)の患者が死亡、
 PC群の60例(78%)、SC群の47例(64%)でQOL調査がおこなわれた。
 結果、PC群はSC群と比べ有意にQOLが優れていた
 (FACT-Lungスコアで98.0 VS 91.5、p=0.03)。
 12週時点における精神状態も、PC群では有意に抑うつ症状が少なかった。
 PC群ではSC群に比べて積極的治療(ホスピスに入所しない、ホスピスへの
 入所期間が3日以内、死亡の14日以内にも化学療法を受けている)を
 受けた頻度が有意に少なく、蘇生術を回避する率も高かった。
 OSはPC群がSC群より有意に長かった(11.6ヵ月VS8.9ヵ月、p=0.02)

結論:
 進行期NSCLC患者が診断早期から緩和ケアチームが関わることは、
 患者の精神状態とQOLを有意に改善させる。

by otowelt | 2010-06-09 22:46 | 肺癌・その他腫瘍

ASCO 2010速報:JCOG0204追試

ASCO 2010速報:JCOG0204追試_e0156318_12371076.jpg


ASCO2010での、日本からの報告。個人的に興味のあるところだったので。

Five-year follow-up of pre-operative chemotherapy (Cx) of docetaxel with or without cisplatin for clinical (c-) stage IB/II non-small cell lung cancer (NSCLC): Report of a Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG0204)

stage IB/IIのNSCLC患者に対する術前化学療法として、
シスプラチン+ドセタキセル(DC)療法とD療法を比較するランダム化
phase II相試験(JCOG 0204)の結果、プライマリエンドポイントである
1年無病生存期間(DFS)はDP療法群が78%と、D療法群の62%より優れていた。
このことは、過去にBJCで報告されている。
                        BJC2008;99:852-857

S9900試験(術前CBDCA+PTX療法群と手術単独群との比較試験)や
ChEST試験(術前CDDP+GEM療法群と手術単独群との比較試験)では
3~5年追跡後のPFSやOSが報告されているが、JCOG 0204において
短期で得られたDFSの差が、長期OSの結果を代替しているものか否かは不明
であったため、5年間の追跡結果がASCO2010で報告された。

結果、DFS曲線、OS曲線ともに、DP群は長期にわたってD群を上回っており、
短期で認められた差が維持されていることが示された。

ただ、いまの注目は術後補助化学療法なので
こういった術前化学療法に関してのスタディは今後難しくなるかもしれない。

by otowelt | 2010-06-09 22:35 | 肺癌・その他腫瘍

ASCO 2010速報:DOC+TS-1は既治療NSCLC患者に有効(NJLCG 0701)

ASCO 2010速報:DOC+TS-1は既治療NSCLC患者に有効(NJLCG 0701)_e0156318_12371076.jpg


せっかくなので、日本のNJLCG 0701のASCO2010での報告。

Final results of a phase II trial of S-1 with biweekly docetaxel for non-small cell lung cancer previously treated with platinum-based chemotherapy (NJLCG0701).

背景:
 進行NSCLCに対する標準化学療法として、ファーストラインでは
 ドセタキセルなどの第三世代抗癌剤とプラチナ製剤との2剤併用療法が、
 セカンドラインではドセタキセル単剤療法が、高いエビデンスで認められて
 いる。経口フッ化ピリミジン製剤のS-1は、単剤でNSCLC未治療例に対する
 有効性が確認されており、ドセタキセルとの相乗効果も認められている。

方法:
 対象は、1レジメンのプラチナ併用療法の治療歴のあるPS 0~1の進行
 NSCLC患者で、ドセタキセル(25mg/m2、day 1および15)、S-1
 (80mg/m2、day 1~14)を1サイクルとして4週間ごととした。
 プライマリエンドポントはRRであり、セカンダリエンドポイントは
 PFS、OS、有害事象発現とした。

結果:
 2007年2月~2008年9月に7施設から35例が登録、男性が23例(66%)
 PS 1が18例(51%)、年齢中央値は64歳。効果は、PR9例、SD 14例、
 PD 10例、評価不能 2例。全RR26%(95%CI:11-40%)、DCRは
 66%(95%CI: 50-81%)。PFS中央値は4.1ヵ月、OS中央値は16.2ヵ月、
 1年生存率は61%。多くの有害事象は軽症だった。

結論:
 ドセタキセル+TS-1は、既治療NSCLC患者に有効であり、
 リスク&ベネフィットのバランスにおける優越性を検証するため
 ドセタキセル単剤またはペメトレキセド単剤との比較試験が必要である。

by otowelt | 2010-06-09 08:02 | 肺癌・その他腫瘍