2010年 08月 09日 ( 2 )

院内肺炎において、リネゾリドがグリコペプチドに勝るとは言えない

Crit Care MedのPublished Ahead-of-Print から。
リネゾリドとグリコペプチド系のメタアナリシス。非常に興味深い。
どうでもいいが、Crit Care Medの画像は、いつも画質が悪い。
拡大しても文字が見えないのはどうにかならないのか。

●MRSA肺炎の治療についての現段階でのエビデンス
グラム陽性菌による肺炎治療に対し、バンコマイシンとリネゾリドを
比較した二重盲検試験が二つ公表されおり、両試験のデザインは非劣性試験で、
2試験ともリネゾリドはバンコマイシンの有効性と劣らないことを証明している。

・linezolid (PNU-100766) VS vancomycin in the treatment of hospitalized patients with nosocomial pneumonia: a randomized, double-blind, multicenter study. Clin Infec Dis 2001;32: 401-412.
・Continuation of a randomized, double-blind, multicenter study of linezolid VS vancomycin in the treatment of patients with nosocomial pneumonia. Clin Ther 2003; 25: 980-982.


二つの臨床比較試験を混合した解析で、post-hoc 解析の結果
約120名のMRSA肺炎に感染した患者に限ってみると、リネゾリドは
バンコマイシンより優れているという内容がChestでなされた。

linezolid vs vancomycin: analysis of two double-blind studies of patients with MRSA nosocomial pneumonia. Chest 2003; 124: 1789-1797.

しかしKollefらが、グラム陽性菌によるVAPの疑いがある患者1019例において
バンコマイシンとリネゾリドを比較した研究の結果では、MRSA・VAP症例の治癒率は
リネゾリド群62.2%、バンコマイシン群21.2%であり、
リネゾリドに優越性があると考えられた。
e0156318_15543679.jpg
今回Crit Care Medからグリコペプチド系というくくりを対照に
リネゾリドの優越性をメタアナリシスで証明しようとしたが
それが証明できなかったようだ。

Linezolid versus vancomycin or teicoplanin for nosocomial pneumonia: A systematic review and meta-analysis
Crit Care Med 2010;38:000–000


背景:
 グリコペプチドとリネゾリドは肺胞上皮に高い組織濃度をもたらすが、
 院内肺炎(特に院内MRSA肺炎)の治療においても効果があるかもしれない。
 しかしながら、臨床的にグリコペプチドとリネゾリドのいずれが
 効果があるかはわかっていない。

目的:
 リネゾリドがグリコペプチドよりも効果が高いという仮説を証明する。

方法:
 プロスペクティブランダム化試験のうち、肺炎に対して
 リネゾリドVSバンコマイシンorテイコプラニンがおこなわれた
 スタディのメタアナリシス。
 アウトカムは臨床効果、微生物学的根絶、副作用とした。

結果:
 9のリネゾリド試験(7:バンコマイシン、2:テイコプラニン)が登録(n=2329)。
 リネゾリドのグリコペプチドに対する比較では、臨床的効果における
 相対リスクは1.01 (95%CI0.93–1.10; p= .83; I2= 0%)であった。
 微生物学的根絶における相対リスクは1.10 (95%CI 0.98 –1.22; p=.10;I2=0%)。
 MRSAサブグループ解析では、上記根絶は相対リスク1.10 (95%CI,
 0.87–1.38; p=.44; I2=16%)。
 もしリネゾリドがバンコマイシンと直接的に臨床効果を比較されるのであれば
 相対リスクは1.00 (95%CI 0.90 –1.12)で、微生物学的根絶および
 MRSAにおけるそれの相対リスクはそれぞれ1.07 (95%CI, 0.90 –1.26;p=.45)
 と1.05 (95%CI, 0.82–1.33; p= .71)であった。
 血小板減少のリスクと消化器イベントはリネゾリドで高く、それぞれ
 相対リスクは1.9 (95%CI1.30 –2.87; p= .001)、
 2.02(95% CI 1.10 –3.70; p= .02)であった。腎不全に関しては
 両群に差はみられなかった(0.89; 95%CI 0.56 –1.43; p=.64)。
 また、全死亡率も差はみられなかった。(0.95; 95% CI0.76 –1.18; p=.63)
e0156318_154321.jpg
結論:
 院内肺炎において、リネゾリドがグリコペプチドに勝るとは言えない。
 しかも、リネゾリドは血小板減少や消化器イベントを増加させる。

by otowelt | 2010-08-09 07:09 | 感染症全般

weekly PTX/CBDCA+ conRTはstageIII NSCLCへの放射線化学療法として有用

2009年ASCOで報告されたWJTOG0105試験がJCOに採択されている。
この間岡山のシスドセの論文が載ったばかりなのだが…
Phase III trial comparing docetaxel and cisplatin combination chemotherapy with mitomycin, vindesine, and cisplatin combination chemotherapy with concurrent thoracic radiotherapy in locally advanced non-small-cell lung cancer: OLCSG 0007

Phase III study comparing second-and third-generation regimens with concurrent thoracic radiotherapy in patients with unresectable stage III non-small-cell lung cancer:West Japan Thoracic Oncology Group WJTOG0105.
J Clin Oncol 2010 Jul 12


背景:
 この第III相試験の目的は、切除不能stage III非小細胞肺癌(NSCLC)に対する
 第3世代化学療法との同時胸部放射線療法(TRT)を第2世代化学療法との
 同時TRTと比較することである。

方法:
 適格患者を次の3つの治療群に割りつけた。
 A群(対照群):
   マイトマイシン(8mg/m(2)、day 1)/
   ビンデシン(3mg/m(2)、day 1、8)/
   シスプラチン(80mg/m(2)、day 1)4サイクル+TRT 60Gy(1週間休止)
 B群:毎週イリノテカン(20mg/m(2))/カルボプラチン(AUC 2)6週間
   +TRT60Gy、引き続きイリノテカン(50mg/m(2)、day 1、8)/
   カルボプラチン(AUC 5、day 1)2コース
 C群:毎週パクリタキセル(40mg/m(2))/カルボプラチン(AUC 2)6週間
   +TRT 60Gy、引き続きパクリタキセル(200mg/m(2)、day 1)
   /カルボプラチン(AUC 5、day 1)2コース

結果:
 OS中央値はA群20.5ヵ月、B群19.8ヵ月、C群22.0ヵ月であった。
 また5年生存率はそれぞれ17.5%、17.8%、19.8%であった。OSは3群間で
 有意差はなかったが、試験群の対照群に対する非劣性の範囲には達しなかった。
 A群ではB、C群に比べgrade 3~4の好中球減少、発熱性好中球減少および
 消化管障害の発現頻度が有意に高かった(p<0.001)。
 B群ではA、C群に比べ化学療法の中断が多くみられた。
e0156318_1281024.jpg
結論:
 3群の中ではC群が同等の効果でより好ましい安全性を示し、
 局所進行切除不能NSCLC治療の標準的レジメンになりうる。

by otowelt | 2010-08-09 06:16 | 肺癌・その他腫瘍