2011年 01月 04日 ( 2 )

ゾレドロン酸は多発性骨髄腫の全生存期間を延長

oncologistにとっては超有名な論文らしいが、年末から、ほったらかしにしていた。
肺癌の論文ばかり読むのもいいのだが、oncologyの論文を
読むときに個人的に教えられているのは
1.第III相試験はいかなる分野であっても読むべし
2.プライマリエンドポイントのOSが延長した論文は読むべし

の2点である。
セカンダリエンドポイントでOSをセットしている論文は多いが、
確かにプライマリでOSをセットして、効果を出した論文というのは
いずれも相当なエビデンスで支持されているものが多いように思う。

ゾメタの抗腫瘍効果というのは、骨転移を有する肺癌のときにも
話題にのぼるテーマであるので興味深いと思う。

First-line treatment with zoledronic acid as compared with clodronic acid in multiple myeloma (MRC Myeloma IX): a randomised controlled trial. Lancet. 2010 Dec 11;376(9757):1989-99. Epub 2010 Dec 4.

目的:
 多発性骨髄腫に対するファーストラインにおいて、ビスホスホネートが
 臨床アウトカムに及ぼす効果をランダム化比較試験において検証した。

方法:
 イギリス120施設から登録された多発性骨髄腫患者が、ゾレドロン酸
 4mgを3~4週ごとに静注投与する群あるいはclodronic酸1600mg/日を
 経口投与する群にランダムに割り付けられた。これら患者は、
 強化寛解導入療法あるいは非強化寛解導入療法を施行する群に割り付けられた。
 プライマリエンドポイントはOS、PFS、overall RRとした。

結果:
 登録された1970例のうち1960例がITT解析可能であった。
 ゾレドロン酸群は981例(強化療法群555例、非強化療法群426例)、
 clodronic酸群は979例(それぞれ556例、423例)。
 PDとなるまでのビスホスホネートの投与期間中央値は350日で、
 フォローアップ期間中央値は3.7年(IQR 2.9~4.7)だった。
 ゾレドロン酸群は、clodronic酸群と比較して死亡率が16%(95%CI:4~26%)
 低下し(HR0.84、95%CI:0.74~0.96、p=0.0118)、OS中央値は
 5.5ヵ月延長した。すなわち、50.0ヵ月(IQR:21.0ヵ月~到達せず) vs
 44.5ヵ月(IQR:16.5ヵ月~到達せず)、p=0.04。
 ゾレドロン酸は、clodronic酸と比較してPFSが12%(95%CI:2~20%)
 改善し(HR0.88、95%CI:0.80~0.98、p=0.0179)、PFS中央値は
 2.0ヵ月延長した。すなわち、19.5ヵ月(IQR:9.0~38.0ヵ月) vs
 17.5ヵ月(IQR:8.5~34.0ヵ月)、p=0.07。
 overall RRは、有意な差はみられなかった。
 重篤な有害事象の発生率は同等だったが、顎骨壊死の発生は
 ゾレドロン酸群が4%(35例)と、clodronic酸群の1%未満(3例)より多かった。

結論:
 ゾレドロン酸はpotential anticancer activity(潜在的抗腫瘍効果)を有すると
 考えられ、多発性骨髄腫患者はこれによる迅速な治療が行われるべきである。

by otowelt | 2011-01-04 08:21 | 肺癌・その他腫瘍

ミネソタ州Olmsted Countyにおける8年間のARDS死亡率は半減

AJRCCMから、ARDSのoverall mortalityがここ最近減少しているという論文である。

8年の間でoverall mortalityが減少している要因として、Discussionの最初で
tidal volumeが6-8ml/kgと低めに設定したことより院内ARDSが減った可能性を
示唆している。これは、2010年に発表されたRCTの結果を受けている。
(tidal volumeが10ml/kgと6ml/kgで、前者の方がALI発症リスクが有意に高かった)
Ventilation with lower tidal volumes as compared with conventional tidal volumes for patients without acute lung injury: a preventive randomized controlled trial. Crit Care 2010;14:R1.
他にも輸血の基準などを見直したりしたことが要因として挙げられている。

Discussionの後半に、sepsis teamやrapid response teamなど
複数のチームが登場している。チームコンサルテーションに関しては、
どういうわけか、ここ最近論文が非常に多い。
と言っても、日本ではなかなかできない現状がある。
Effect of 24-hour mandatory versus on-demand critical care specialist presence on quality of care and family and provider satisfaction in the intensive care unit of a teaching hospital. Crit Care Med 2008;36:36–44.

以下、今回の論文。
Eight-Year Trend of Acute Respiratory Distress Syndrome A Population-based Study in Olmsted County, Minnesota
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 183. pp. 59-66, (2011)


背景:
 ARDSの最近治療の進歩はめざましい。
 最近のこういった進歩により、致死的な状況を減らすことができるかどうかを
 本研究において調べた。

目的:
 ARDSのアウトカムを観察する

方法:
 ミネソタ州Olmsted Countyで行われたpopulation-based cohort studyである。
 低酸素血症と両側肺浸潤影でICU入室となった患者をスクリーニングした。
 ARDSの存在は、American-European Consensus Conference criteriaによって
 診断した。こういった患者らを8年間にわたりアウトカムを観察した(2001–2008)。

結果:
 8年の間をかけて、ARDSの重症度が増し、合併症を有する症例が多く、
 ARDSを誘発するようなリスクが高い傾向にあった。
 ARDSそのものの発症は10万人年あたり82.4から38.9へ減少した(P< 0.001)。
 院内発症ARDSが有意に減少し(P < 0.001)、入院時ARDSの頻度は
 減少していなかった(P = 0.877)。全体の死亡率とICU入室期間は減少し
 (P < 0.001)、ARDSごとの致命率は有意には減少しなかった。

結論:
 準都市部において、ここ8年でARDSは重症度、合併症の頻度、
 リスクファクターなどが多い傾向にあるが、ARDSの頻度は半分以下に減少した。
 

by otowelt | 2011-01-04 06:38 | 集中治療