2011年 03月 09日 ( 2 )

ZEAL試験:2nd-lineにおけるvandetanibのpemetrexedへのPFS上乗せ効果はなし

ザクティマ関連のスタディは
ZODIAC試験、ZEAL試験、ZEST試験、ZEPHYR試験が有名。
JCOにZEAL試験の詳細が報告されていた。結果はすでに報告されている通り。

Vandetanib Plus Pemetrexed for the Second-Line Treatment of Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer: A Randomized,Double-Blind Phase III Trial
JCO March 10, 2011 vol. 29 no. 8 1067-1074


目的:
 vandetanibは、1日1回経口で内服する薬剤であり
 vascular endothelial growth factor(VEGF)受容体および
 epidermal growth factor(EGFR)受容体シグナルを阻害するものである。
 このランダム化プラセボ対照phaseIII試験は、vandetanibにpemetrexedを
 進行非小細胞肺癌のセカンドライン治療に使用することによる効果を評価したもの。

方法:
 患者(N=534)は、ランダムに
 vandetanib 100 mg/d +pemetrexed 500mg/m2 21日ごと(n=256)あるいは
 プラセボ+pemetrexed (n=278)に割り付けられ、プライマリエンドポイント
 としてPFSが設定された。OS、奏効率、DCR、症状増悪までの期間、安全性が
 セカンダリエンドポイントとされた。

結果:
 両群においてPFSに差はなかった(HR0.86;97.58%CI, 0.69 to 1.06;P=.108)。
 OSにも統計学的に有意差なし(HR, 0.86;97.54% CI, 0.65 to 1.13; P=.219)。
 ただ、奏効率(19% v 8%; P=.001)、症状増悪までの期間(HR, 0.71; P=.0052;
 中央値18.1 weeks for vandetanib and 12.1 weeks for placebo)には
 統計学的な有意差がでた。
 上乗せによる有害事象としては、皮疹、下痢、高血圧などが見られた。
 しかしながら、嘔気、嘔吐、貧血、疲労感はpemetrexed用量を減らすことなく
 その頻度を減少させた。
ZEAL試験:2nd-lineにおけるvandetanibのpemetrexedへのPFS上乗せ効果はなし_e0156318_108057.jpg
結論:
 この試験において、セカンドライン治療におけるvandetanibのpemetrexedへの
 上乗せ効果として、プライマリエンドポイントであるPFSは達成できなかった。
 しかしながら、vandetanibは統計学的に有意な奏効率の改善、症状増悪の遅延を
 もたらす。

by otowelt | 2011-03-09 06:11 | 肺癌・その他腫瘍

ZEST試験:前治療歴のあるNSCLCにおいて、vandetanibはelrotinibに優位性なし

ザクティマ関連のスタディは
ZODIAC試験、ZEAL試験、ZEST試験、ZEPHYR試験が有名。
JCOにZEST試験の詳細が報告されていた。結果については1年前からわかっている通り。

Phase III Trial of Vandetanib Compared With Erlotinib in Patients With Previously Treated Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer
JCO March 10, 2011 vol. 29 no. 8 1059-1066


目的:
 vandetanibは、1日1回経口で内服する薬剤であり
 vascular endothelial growth factor(VEGF)受容体および
 epidermal growth factor(EGFR)受容体シグナルを阻害するものである。
 このphase III試験は、1ないしは2レジメンのcytotoxicな抗癌剤の前治療歴
 がある進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、vandetanibとerlotinibの
 効果を比較した試験である。

方法:
 1240人の患者がランダムにvandetanib 300 mg/d(n=623)もしくは
 erlotinib 150 mg/d (n=617)に割りつけられた。プライマリエンドポイントは
 PFSとした。もし統計学的に有意性がない場合、非劣性解析がおこなわれるものとした。

結果:
 PFSに差はみられなかった。(HR, 0.98; 95.22% CI, 0.87 to 1.10; P=.721)
 PFS中央値は、vandetanibで2.6ヶ月、erlotinibで2.0ヶ月であった。
 セカンダリエンドポイントであるOSにも差はみられなかった(HR, 1.01; P=.830)。
 奏効率については両者とも12%で、疼痛症状の悪化出現までの期間
 (HR, 0.92; P=.289)、呼吸困難出現までの期間(HR, 1.07; P=.407)、
 咳嗽出現までの期間(HR, 0.94; P=.455)にも差はなかった。
 非劣性解析において、有害事象はvandetanibの方がより多かった。
 すなわち、下痢(50% v 38%)、高血圧(16% v 2%)。
 ただ、皮疹はelrotinibの方が38%と多かった。
 grade3以上の有害事象は、vandetanibの方が多かった(50% v 40%)。
ZEST試験:前治療歴のあるNSCLCにおいて、vandetanibはelrotinibに優位性なし_e0156318_9551259.jpg

結論:
 前治療歴のあるNSCLCにおいて、vandetanibは抗腫瘍活性を示すものの
 elrotinibに優位性はない。また、vandetanibは高い有害事象と関連していた。

by otowelt | 2011-03-09 05:44 | 肺癌・その他腫瘍