2011年 03月 22日 ( 2 )

喫煙は認知症のリスクである

喫煙は認知症のリスクである_e0156318_10134935.jpg喫煙と認知症の関係において重要な報告と思われる。

Heavy Smoking in Midlife and Long-term Risk of Alzheimer Disease and Vascular Dementia
Arch Intern Med. 2011;171(4):333-339


背景
 喫煙は生命を脅かす様々な病気の危険因子である。
 しかしながら、認知症との関係については議論がある。
 この研究の目的は、喫煙とAlzheimer病、脳血管性
 認知症との関連性を調べることである。

方法:
 1978~85年の間に健康診断に参加した北カルフォルニアの50~60歳の
 33108人のうち、1994年に生存し、引き続きこのヘルスケアシステム会員だった
 21123人を登録。医療記録に基づき、1994年1月1日から2008年7月31日までの
 認知症、Alzheimer病、脳血管性認知症の診断の有無を検索。
 健康診断時のアンケートにおける1日喫煙量により、喫煙量0.5箱未満、
 0.5~1箱、1~2箱、2箱超に分類。

結果:
 平均追跡期間23年において、認知症と診断されたのは5367人(25.4%)であった。 
 そのうち1136人がAlzheimer病、416人が脳血管性認知症と診断されていた。
 年齢、性別、人種等で調整した多変量Cox比例ハザードモデルを用い、
 中年期の喫煙と認知症の関係を調べたところ、
 1日あたり2箱を超える喫煙者では、非喫煙者に比べ、認知症の調整HRは
 2.14(95%CI1.65-2.78)、Alzheimer病は2.57(1.63-4.03)、
 脳血管性認知症は2.72(1.20-6.18)と、有意なリスク上昇がみられた。
 1日あたり1~2箱の喫煙者も、認知症の調整HR1.44(1.26-1.64)と有意で、
 Alzheimer病ではHR1.18(0.92-1.52)、脳血管性認知症1.42(0.95-2.13)
 と、リスク上昇傾向がみられた。
 1日あたり0.5~1箱の群においても、認知症のリスクは1.37(1.23-1.52)と
 有意であった。Alzheimer、脳血管性認知症は有意差がみられなかった。
 過去の喫煙者、1日あたり0.5箱未満の喫煙者は、いずれの評価項目にも
 差がみられなかった。

結論:
 この大規模コホート試験において、中年期にヘビースモーカーであった場合
 その後の認知症リスクは、非喫煙者の2倍を超える。

by otowelt | 2011-03-22 07:07 | 呼吸器その他

妊娠喘息患者における吸入ステロイドは、胎児副腎機能に影響なし

「妊婦への吸入ステロイドはパルミコートが一番安全」と
研修医時代に教えられた記憶があるが、あまり気にしなくてよいのだろうか。
妊娠喘息において極めて重要なスタディであり、呼吸器内科医・産婦人科医ともに
読んでおきたい論文である。

Fetal Glucocorticoid-regulated Pathways Are Not Affected by Inhaled
Corticosteroid Use for Asthma during Pregnancy
Am J Respir Crit Care Med Vol 183. pp 716–722, 2011


背景:
 現在のところ、吸入ステロイド (ICS) は母親、胎盤、胎児への全身的な影響に
 おけるエビデンスがないにもかかわらず、妊娠中の喘息コントロールとしての
 使用が推奨されている。

目的:
 喘息の妊婦 (n = 156) と喘息のない妊婦(n = 51)において血清
 コルチゾル、エストリオール、コルチコトロピン遊離ホルモンを測定。

方法:
 妊娠のそれぞれのトリメスターにおいて、ICSの使用と投与量を記録し、
 血液検査をおこなった。母体の超音波を18週・30週に施行し
 出生時体重と胎児の性別を記録した。

結果:
 上記母体ホルモンの血清濃度は、喘息の有無により影響を受けなかった。
 ただしICS使用時に用量依存的に、上記は抑制された。
 この結果は胎児性別に依存し、女児を妊娠した際、
 第1トリメスターではICSは母体コルチゾルと逆相関し、
 第2~3トリメスターでは母体のオステオカルシンと逆相関した。
 男児を妊娠したときは、母体のコルチゾル、エストリオール、オステオカルシン
 血清濃度に影響はみられなかったものの、コルチコトロピン遊離ホルモンは
 ICS使用時に第1トリメスターでのみ増加がみられた。
妊娠喘息患者における吸入ステロイドは、胎児副腎機能に影響なし_e0156318_22191512.jpg
結論:
 妊娠喘息患者におけるICS使用により、女児を妊娠した時にのみ
 母体の糖質コルチコイド系に影響を生じる。
 ただし、男児および女児の両方の妊娠において、胎児副腎機能は
 影響を受けなかった。ICSは胎児期において糖質コルチコイド系に
 影響を与えないという結果となったが、これはすなわち
 胎児の成長・発達に悪影響を与えないものと考えられる。

by otowelt | 2011-03-22 04:25 | 気管支喘息・COPD