2011年 04月 19日 ( 2 )

ESBL患者への除菌のメリット

Effectiveness of a new decolonisation regimen for eradication of extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacteriaceae
Journal of Hospital Infection (2011) 77, 113-117


背景:
 ESBL産生Gram陰性菌は、世界的に拡がっている。ESBL保菌は
 数年間にわたり持続することもあり、伝播を促進すると思われる。
 接触隔離予防策や抗菌薬使用の制限などの介入が実施されるものの、
 ESBL除菌法は確立していない。

目的:
 標準化された除菌プログラムの有効性を明らかにする。
 2000年1月から2008年1月にかけてオープンラベルの
 プロスペクティブコホート対照研究を実施した。

方法:
 ESBL陽性患者に対して、直腸、咽頭、尿のスクリーニングを
 定期的に実施。除菌法は、0.2%クロルヘキシジンによる1日3回の
 口腔咽頭洗浄、paromomycin 1g1日4回投与、尿路への経口抗菌薬
 投与をおこなった。ESBL除菌成功は、追跡時のスクリーニングの
 サンプルセット(咽頭、直腸、尿)が1回以上陰性であることと定義した。

結果:
 100人のうち、ESBL感染患者は83%、保菌患者は17%であった。
 検出頻度が高い病原菌は大腸菌:71%、
 Klebsiella pneumoniae:25%であった。追跡時にESBL陰性と
 なった患者は、全体で76%だった。治療成功患者の55%は、
 感染症に対する全身治療を受けていた。除菌完了患者の83%は、
 追跡期間中にESBLが検出されなかった。
 ESBL除菌成功はリスク因子の数および保菌部位と関連がみられた。

結論:
 ESBL除菌は選択された特定の患者において利益があり、
 ESBLの保菌期間が短くなるだけでなく、その後の
 伝播リスクが低下するかもしれない。

by otowelt | 2011-04-19 22:02 | 感染症全般

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の初期治療に吸入ステロイドは使用すべきでない

Internal MedicineからABPAのスタディの報告。
呼吸器内科医であれば、ABPAをstagingすることがあるかもしれないが
診断基準や分類があまりに古いままなのは、それほど有用だからだろうか?
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の初期治療に吸入ステロイドは使用すべきでない_e0156318_1832339.jpg
Allergic Bronchopulmonary aspergillosis: staging as an aid to management. Ann Intern Med 1982;96 286.

また、文中にABPA-S(seropositive)という言葉が出てくるが
以下のように定義されている。
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の初期治療に吸入ステロイドは使用すべきでない_e0156318_187271.jpg


今回の論文はかなり小規模のスタディではあるが、個人的には興味深い。

Role of Inhaled Corticosteroids in the Management of Serological Allergic Bronchopulmonary Aspergillosis (ABPA)
Intern Med 50: 855-860, 2011


背景および目的:
 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の治療は経口ステロイドである。
 しかしながら、副作用が多い。ゆえに吸入ステロイド(ICS)は、より副作用が
 少なく投与可能であると考えられるものの、ABPAのマネジメントにICSを
 用いることは議論の余地がある。このレトロスペクティブ試験で、高用量
 ICSが血清学的ABPA(ABPA-S)へ果たす役割を評価する。

方法:
 ABPA-Sの患者は、formoterol/budesonide (24-1600 mcg/日)を使用し
 病歴、身体所見、レントゲン、総IgEレベルを6, 12, 18, 24週目に調べた。
 喘息コントロールはGINA基準で評価した。経口ステロイドは、
 ICS治療後6ヶ月後も高い場合に開始することとした。

結果:
 8人の男性、13人の女性が登録され、平均年齢は39.3歳であった。
 ICS使用者全患者における主観的改善では、誰ひとり喘息症状の改善を
 認めなかった。ICSの治療6ヵ月後において、IgEレベル中央値は99.3%増加した。
 経口ステロイド開始後、喘息症状は19人の患者において寛解し、IgEレベルは
 6週目で中央値で52.6%減少した。
 フォローアップ期間の中央値は、経口ステロイド開始から15ヶ月後である。
 18人の患者が完全寛解し、3人が経口ステロイドを中止して3ヵ月で再発した。
 1人は長期的に経口ステロイドを必要とした。

結論:
 高用量ICSは、ABPA-Sのマネジメントにおいて何ら役割を果たさないもので、
 初期治療には用いるべきではない。経口ステロイドないしはその代替治療を
 受けている患者において、ICSは喘息症状の改善のために
 追加治療として考慮してもよいのかもしれない。

by otowelt | 2011-04-19 05:58 | 感染症全般