2011年 05月 30日 ( 2 )

HIV合併NSCLC患者のCD4レベルは予後予測因子である

JTOから、HIV感染と肺癌の関連についての論文。

Human Immunodeficiency Virus Infection and Non-small Cell Lung Cancer: Survival and Toxicity of Antineoplastic Chemotherapy in a Cohort Study
Journal of Thoracic Oncology. 6(6):1022-1029, June 2011.


目的:
 HIVに感染した非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存に関する因子を
 記載し、化学療法と抗ウイルス治療によって起こる毒性を解析する。

デザイン:
 HIVに感染したNSCLC患者をレトロスペクティブ解析
 少なくとも1サイクルの化学療法を施行した患者において毒性を解析。

方法:
 生存はCoxモデルを用いて解析した。毒性サブスタディにおいて、
 抗ウイルス薬と化学療法の併用のエピソードのあるgrade4血液毒性に
 関する因子は、ロジスティック回帰モデルを用いて解析された。

結果:
 52人の患者が登録された。42人が男性で年齢中央値は48歳であった。
 98%が喫煙者で、中央喫煙歴は30pack yearsであった。
 CD4中央値は300 cells/μlであり、生存期間の中央値は12ヵ月であった。
 NSCLC診断時CD4が≥200 cells/μlの場合HR = 0.29, 95%CI0.10–0.89、
 PSが2以下でHR = 0.32, 95% CI 0.15–0.68、HAARTを受けた場合
 HR = 0.26, 95% CI 0.09–0.74で、生存への寄与がみられた。
 40人は毒性解析が可能で、68の異なる抗癌剤併用に対して14のエピソードが
 grade4の血液毒性を合併した。プロテアーゼ阻害剤の使用は
 有意にgrade4血液毒性と関連していたOR = 5.22, 95% CI 1.07–25.38。

結論:
 HIVに感染したNSCLC患者において、NSCLC診断時CD4レベルは
 生存の予後予測因子である。HAARTを用いることは妥当であるが、 
 プロテアーゼ阻害剤を使用する場合には血液毒性に注意が必要である。

by otowelt | 2011-05-30 13:36 | 肺癌・その他腫瘍

IIIB/IV期NSCLCにおけるBIBF1120のphaseII試験

BIBF1120は血管新生阻害剤の一種で、VEGFR、PDGFR、FGFR
の3つを同時に阻害する薬剤である。
phase II試験の結果は、既に世界肺癌学会で公表されているものである。

A phase II double-blind study to investigate efficacy and safety of two doses of the triple angiokinase inhibitor BIBF 1120 in patients with relapsed advanced non-small-cell lung cancer
Annals of Oncology 22: 1374–1381, 2011


背景:
 IIIB/IV期非小細胞肺癌(NSCLC)患者におけるBIBF1120の
 効果、安全性、忍容性、薬理動態を評価する。

方法:
 IIIB/IV期NSCLC(ECOG-PS 0-2)73例を対象とし、
 BIBF 1120を250mgを1日2回投与する群(36例)と
 150mgを1日2回投与する群(37例)にランダム割り付けをした。
 プライマリエンドポイントはPFS、奏効率で、
 セカンダリエンドポイントはOSとした。

結果:
 PFS中央値は6.9週で、治療投与量によって差はみられなかった。
 OS中央値は21.9週であった。ECOG-PSが0-1の患者56人において
 PFS中央値は11.6週で、OS中央値は37.7週であった。DCRは
 46%の患者でみられた(ECOG 0–1では59%)。
 250mg群において一人CRがみられた。
 有害事象は、悪心57.5%、下痢47.9%、嘔吐42.5%、食欲不振28.8%、
 腹痛13.7%、ALT上昇13.7%、AST上昇9.6%。

結論:
 BIBF1120の治療において忍容性は良好で、効果に関しては
 両群とも差がみられなかった。PFSと奏効率に関しては今後の探索に期待したい。

by otowelt | 2011-05-30 06:53 | 肺癌・その他腫瘍