2012年 01月 31日 ( 2 )

メタアナリシスにおけるバイアスの軽視

『結果がイマイチの臨床試験は出版されにくい』
簡単に言うと、こういう類のバイアスを出版バイアスという。
臨床試験屋が「negative study」と言及するのがこれだ。
negative studyは採択されにくい現状もあり、
これも重大な医学論文のバイアスの1つである。

出版バイアスを評価するとき、論文中ではfunnel plotを
用いることが多く、これは読者にも視覚的にもわかりやすい。
X軸にエフェクトサイズ、Y軸に標本の大きさ(分散の逆数)を
とることで、対称性であれば出版バイアスが少なく
非対称性であれば出版バイアスが大きいということを意味する。
メタアナリシスにおけるバイアスの軽視_e0156318_16375912.jpg
上が対称性、下が非対称性。
臨床試験をやっている先生に聞いてみると、
回避できない出版バイアスがあると
「出版バイアスがあるメタテーマを選んだあなたが悪い」と
言われている気がするらしい。。。

BMJからメタアナリシスにおける出版バイアス、選択バイアスについて
興味深い論文が出ていたが、めんどくさくてずっと読んでいなかった。
読んでみたが、とにかく長い!
……途中ほとんどすっ飛ばしてしまったので、後日また読もうと思う。
メタアナリシスだからといって信頼できるものじゃないという
可能性を私たちは知っておく必要がある。

Ikhlaaq Ahmed, et al.
Assessment of publication bias, selection bias, and unavailable data in meta-analyses using individual participant data: a database survey
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.d7762


目的:
 潜在的な出版バイアス、データ採用バイアス、レビュアー選択バイアス
 が近年出版されたメタアナリシスにおいて調査する。

デザイン:
 1991年から2009年3月までに出版されたメタアナリシス383のうち
 31の最も最近出版されたランダム化試験のメタアナリシスをサーベイした。

結果:
 31のメタアナリシスのうち9つのみが”grey literature(無出版研究)”を
 含んでおり、出版バイアスの可能性が記載・検討されたのは
 たった10(32%)のみであった。
 メタアナリシス16つ(52%)が個別の被験者データを入手できておらず、
 さらにこれらのうち5つ(31%)は、検討のlimitationにも触れてない。
 また、わずか6つ(38%)が個別データがない臨床試験が解析後の結論に
 どれだけ影響を与えるかについて言及しているだけであった。
 メタアナリシスレビュアー選択バイアスの9つ(29%)は問題があり、
 試験同定方法が記載されてない/故意選別的/非システマティックであった。

 以下のごとく、個々のメタアナリシスについてfunnel plotを提示して
 バッサリ切っている。(下図はDe LucaらのSTEMIに対する
 Gp IIb-IIIa阻害薬の早期投与に関するメタアナリシス)
De Luca G, et al.Early glycoprotein IIb-IIIa inhibitors in primary angioplasty (EGYPT) cooperation: an individual patient data meta-analysis. Heart 2008;94:1548-58
メタアナリシスにおけるバイアスの軽視_e0156318_177538.jpg
結論:
 メタアナリシスの出版バイアス等の各バイアスについて、
 レビュアーが調査、検討を怠っている。

by otowelt | 2012-01-31 16:19 | 内科一般

妊婦へのSSRIと新生児肺高血圧症の関連性

肺高血圧がらみで読んでみた。この論文の書き方だと、
フルボキサミンが妊婦に安心なのかとついつい思ってしまう。
オッズ比はそれなりの数字に見えるが、新生児肺高血圧自体が
極めて稀な事象であるため、何とも言えない。

Helle Kieler, et al.
Selective serotonin reuptake inhibitors during pregnancy and risk of persistent pulmonary hypertension in the newborn: population based cohort study from the five Nordic countries
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.d8012


目的:
 妊娠後期のSSRIの使用と新生児肺高血圧症(PPHN)の
 リスクを評価する。

方法:
・Population based cohort study(国民健康登録による)
・デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンの
 国民健康登録から、1996~2007年において妊娠33週以降の
 単生児出産の母/小児1618255組の情報を収集した。
・プライマリ評価指標は、妊娠後期SSRI曝露と生後7日以内の
 新生児のPPHN診断の関係。
・交絡因子の補正候補として、母の喫煙、年齢、BMI、NSAIDs、
 糖尿病治療薬の使用、妊娠中の病歴、出産病院/国/年/順位。
 SSRIを曝露していない小児に対する曝露小児のORを算出した。

結果:
 およそ30000人が妊娠中にSSRIを使用しており、そのうち
 妊娠20週以降にSSRIを使用していた妊婦は11014人、
 妊娠初期にだけSSRIを使用していた妊婦は17053人であった。
 妊娠後期曝露群の11014人の新生児のうち、33人がPPHN。
 そのうち3人には胎便吸引が確認されている。ゆえに、
 SSRI曝露群のPPHNの絶対リスクは、新生児1000人あたり3人。
 またSSRI曝露がなかった妊婦は1588140人で、
 同様に曝露小児のPPHNの絶対リスクは1000人あたり1.2人。
 以上より、SSRIに曝露していない小児と比較した曝露小児の
 調整ORは2.1(95%CI 1.5-3.0)となった。
 それぞれのSSRIのPPHNリスクは同等であった。
 妊娠後期にフルオキセチン(プロザック)を使用した場合、小児の
 PPHNの調整ORは2.0(1.0-3.8)、シタロプラム(セレクサ)は
 2.3(1.2-4.1)、パロキセチン(パキシル)は2.8(1.2-6.7)、
 セルトラリン(ジェイゾロフト)は2.3(1.3-4.4)であった。
 エスシタロプラム(レクサプロ)は有意なリスク上昇はなかった
 (1.3、0.2-9.5)。フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)では
 曝露後にPPHNと診断された小児はいなかった。

結論:
 妊婦へのSSRIが新生児肺高血圧症をもたらすリスクは低いが、
 妊娠後期の使用ではリスクが2倍を超える。
 リスク上昇はクラスエフェクトと考えられる。

by otowelt | 2012-01-31 16:17 | その他