2012年 04月 03日 ( 4 )

喫煙歴が多いCOPDにおいて放射性肺臓炎は概して軽度

だいたい喫煙というのは呼吸器疾患のリスクになるのだが、
放射性肺臓炎のリスクを軽減させるという結果には驚いた。

ちなみに喫煙が疾患リスクを減らすものとして、
呼吸器内科医としては過敏性肺炎は是非とも知っておきたい。
喫煙により、吸入抗原への抗体反応が弱まるとされている。
Effect of cigarette smoking on the antibody response to inhaled antigens and the prevalence of extrinsic allergic alveolitis among pigeon breeders. Clin Allergy 1985; 15:487.

以下、今回のCHESTの論文。

Atsuya Takeda, et al.
Severe COPD Is Correlated With Mild Radiation Pneumonitis Following Stereotactic Body Radiotherapy
CHEST April 2012 vol. 141 no. 4 858-866


背景:
 COPDと肺癌の主たる原因として喫煙がある。
 そのため、COPDの患者はしばしば手術不能な肺癌を有している
 ことがある。定位放射線療法(SBRT)は、手術不能な早期非小細胞肺癌
 の治療において標準的と考えられる。SBRTによるもっとも重篤な毒性は
 放射性肺臓炎である。われわれは、SBRT後放射性肺臓炎の予測因子を
 解析し、重症COPD患者における放射性肺臓炎の程度と頻度を調べた。

方法: 
 われわれはレトロスペクティブに265人のSBRTを受けた肺腫瘍患者を
 検証した(2005年~2010年の間で、最低フォローアップ期間は6ヶ月)。
 GOLD分類と喫煙年数を含め、放射性肺臓炎の予測因子を
 単変量および多変量解析で計算した。
 放射性肺臓炎はCTCAEversion 3.0で評価した。
 grade 1:無症状で放射線的異常のみ。ADLに干渉しない。
 grade 2:ADLに干渉しないが、症状がある。
 grade 3:症状がありADLに干渉、酸素が適用される。
 grade 4:生命に危険があり、人工呼吸器を要する。
 grade 5:死亡

結果:
 フォローアップ中央期間は19.2ヶ月(range, 6.0-72.0 months)で、
 放射性肺臓炎のgrade 0, 1, 2, 3, 4, 5はそれぞれ
 101人, 102人, 49人, 12人, 0人, 1人に確認された。
 多変量解析により、高いV20, 少ない喫煙歴、高照射線量が
 有意なgrade1以上の放射性肺臓炎のリスクであった。
 grade2以上に限定すると、高いV20,少ない喫煙歴、肺切除歴が
 放射性肺臓炎のリスクであった。重度のCOPD患者における放射性肺臓炎は
 通常の肺機能や軽症COPD患者に比べると軽度であった。
喫煙歴が多いCOPDにおいて放射性肺臓炎は概して軽度_e0156318_2221814.jpg
ディスカッション:
 喫煙後に放射線治療をおこなった肺では
 非喫煙者の放射線治療後の肺に比べると、炎症所見が少ない。
 具体的には肺胞領域において肥満細胞が100倍、気管支周囲で30倍の
 違いがあるといわれている。
Tobacco smoke exposure suppresses radiation-induced infl ammation
in the lung: a study of bronchoalveolar lavage and ultrastructural morphology in the rat . Eur Respir J . 1993; 6( 8):1173 - 1180 .

 しかしながら、喫煙は放射性肺臓炎のリスクを上昇させるという
 相反する報告もあるため、この論文のみで結論を出すのは早計だろう。
Clinical radiation pneumonitis and radiographic changes after thoracic radiation
therapy for lung carcinoma . Cancer . 1998 ; 82 ( 5 ): 842 - 850 .


結論:
 重度のCOPD患者におけるSBRT後の放射性肺臓炎は概して軽症であった。
 重喫煙歴は、放射性肺臓炎における強い陰性予測因子であった。

by otowelt | 2012-04-03 23:30 | 気管支喘息・COPD

ザーコリ承認:ファイザーからプログラムサイト

すでに、3月30日にザーコリの正式な製造承認がおりている。

・ファイザーからの情報
ザーコリの早期使用が必要な場合を想定し、薬剤提供準備が整い次第、薬価基準収載までの期間、本剤開発治験実施施設に限定するなどの制限付きで本剤を提供することにいたしました。本薬剤提供プログラムに関する詳細は、弊社医療従事者向けのサイト「Pfizer for PROFESSIONALS」で公開いたします。
http://pfizerpro.jp/cs/sv/lc-pro/safety.html
  (上記サイトは、4月4日(水)13時にオープン予定です)

・ザーコリの概要
製品名:ザーコリ(R)カプセル200mg/250mg(XALKORI(R) Capsules)
一般名:クリゾチニブ(Crizotinib)
製造販売承認取得日:2012年3月30日
製造販売:ファイザー株式会社
効能・効果:ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌
用法・用量:通常、成人にはクリゾチニブとして1回250mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

by otowelt | 2012-04-03 15:02 | 肺癌・その他腫瘍

ICU集中治療医は24時間常駐がよいか、シフトワークがよいか

Allan Garland, et al.
Twenty-four–Hour Intensivist Presence
A Pilot Study of Effects on Intensive Care Unit Patients, Families, Doctors, and Nurses
Am. J. Respir. Crit. Care Med. April 1, 2012 vol. 185 no. 7 738-743


背景:
 良好なアウトカムを得るために、24時間集中治療医がICUに常駐
 することが望まれてきた。

目的:
 24時間ICU集中治療医が常駐することの集中治療医、患者、家族、
 看護師、施設スタッフに対する効果を検証する。

方法:
 カナダにおける2つのICUで検証。
 交叉パイロット試験で2つの集中治療医モデルを用いて合計32週間検討。
・標準勤務:1人の集中治療医が7日間自宅からのコールに対応する
・シフトワーク勤務:7日交替で働き、他の集中治療医が夜間ICUに待機する
 24人の集中治療医(プライマリアウトカム:バーンアウト)、
 119人の家族(プライマリアウトカム:満足度)、
 74人の看護師(プライマリアウトカム:共同勤務・コミュニケーションの満足度)、
 34人の施設スタッフ(プライマリアウトカム:自主性、supervision、学習機会)
 が参加。501人の患者のアウトカムとして、死亡率、在院日数など。

結果:
 シフトワーク勤務の集中治療医はバーンアウトが少なかった
 (−6.9 points; P= 0.04)。補正院内死亡率(OR 1.22; P = 0.44)、
 ICU在室日数(−6 h; P = 0.46),家族満足度(0.9 points; P = 0.79)
 は両モデル間の差はみられなかった。シフトワーク勤務下において
 看護師との間で役割分担上での衝突が多かった(9 points; P < 0.001)。
 ゆえに夜間の施設スタッフは、自主性、supervisionが減少。

結論:
 シフトワーク勤務は集中治療医にとってよりよいものであり、
 受け入れやすいものである。患者や家族に対してネガティブな
 アウトカムは明らかでないが、24時間常駐の集中治療医が
 ICUケアにおいて与える影響についてはさらに調べる必要がある。

by otowelt | 2012-04-03 14:28 | 集中治療

結核治療における不適切処方は多い

これはAbstractしか読んでないので、
スタディの抽出の流れが妥当なのかよくわかりません。

M.W. Langendam, et al.
Prevalence of inappropriate tuberculosis treatment regimens: a systematic review
Eur Respir J 2012; 39: 1012–1020


背景:
 新規抗結核薬の成功の裏では、その耐性獲得が懸念されるところである。
 WHO治療ガイドラインで推奨されているような適切なレジメンを使用を
 使用することで、耐性は予防できる。
 われわれは、不適切な抗結核薬処方の頻度を調べるため
 システマティックレビューをおこなった。

方法:
 MEDLINE, EMBASE、他のデータベースから2011年1月時点で信頼性のある
 記事を抽出した。2000年から出版されたTB治療を受けた患者を含む観察研究が
 選ばれた。治療レジメンのうちWHOが推奨しているレジメンではないものを
 不適切なものとした。

結果:
 不適切なレジメンを受けた患者の割合は、
 0.4%から100%と非常にバラつきがあった。
 19の試験において、治療レジメン報告のクオリティは低かった。
 不適切治療のアセスメントは報告クオリティの低さに阻まれたものの
 われわれのデータでは、結核治療レジメンにおける不適切処方の数は
 相当数にのぼることが示唆された。そのため、新規薬剤が不適切に
 使用される可能性が示唆され、いくらWHO治療ガイドラインがあろうとも
 耐性化リスクは高いと考えられる。

結論:
 この論文はWHOの結核治療ガイドラインの遂行の改善必要性を
 うったえかけるものである。

by otowelt | 2012-04-03 04:26 | 抗酸菌感染症