2012年 04月 20日 ( 2 )

イマチニブ(グリベック)が肺動脈性肺高血圧症に対し承認申請

実臨床でボセンタンやベラプロストを内服している患者さんは
そこそこ目にするが、レバチオやアドシルカを用いているケースは
まだあまり見たことがない。
(ちなみにベラプロストは日本ではそれなりにメジャーだが
海外ではあまり使われておらず、ACCPも推奨まではしていない)

PDGF経路系の薬剤ということでイマチニブに注目が集まっているが、
ノバルティスファーマは2012年4月17日、イマチニブ(グリベック)について
肺動脈性肺高血圧症(PAH)の効能追加に関する承認申請を行った。

これはIMPRES試験の結果に基づくものであり、
2011年ERSでも話題を呼んだ。

ERS2011:イマチニブはPAH患者の運動耐容能を有意に改善

プライマリエンドポイントである24週間後の6分間歩行距離(6MWD)が、
イマチニブ群ではプラセボに比べて平均31.8m増加した(P=0.002)。
また、肺動脈圧、心拍出量および肺血管抵抗も有意に改善(all for P<0.001)。
ただし、セカンダリエンドポイントである、PAHによる入院・死亡、機能悪化、
6MWDの15%低下までの期間についてはプラセボとの有意差はなかった
(P=0.563)。

by otowelt | 2012-04-20 11:45 | 呼吸器その他

アフリカ・東南アジアの出国前アルベンダゾールは腸管寄生線虫の減少に寄与

Stephen J. Swanson, et al.
Albendazole Therapy and Enteric Parasites in United States–Bound Refugees
N Engl J Med 2012; 366:1498-1507


背景:
 CDCは、1999年5月1日よりアメリカへの難民の腸管寄生虫感染治療
 として、出発前に海外でのアルベンダゾール(600 mg)の単回投与を
 行うことをすすめている。

方法:
 アフリカ→アメリカへの難民と東南アジア→アメリカへの難民において
 1993~2007年にミネソタ州に定住したときの便検査で
 腸管寄生虫のスクリーニングを受けた合計26956人を対象にして
 後ろ向きコホート研究を実施。CDC が出発前アルベンダゾール治療を
 すすめる前に移住した難民と、すすめた後に移住した難民とを比べて
 以下の病原体における補正保有率を算出した。
 nematodes (Ascaris lumbricoides, hookworm
 [Necator americanus and Ancylostoma duodenale],
 whipworm [Trichuris trichiura], and Strongyloides stercoralis),
 giardia, entamoeba complex (Entamoeba histolytica,
 E. moshkovskii, and E. dispar), schistosoma species

結果:
 未治療難民4370人において、20.8%が糞線虫を少なくとも1種類保有。
 鉤虫(9.2%)がもっとも頻度が多かった。アルベンダゾールを投与された
 難民22586人では、線虫を1種類以上保有していたのは4.7%のみで
 鞭虫(3.9%)がもっとも多かった。性別・年齢・地域で補正すると、
 アルベンダゾール治療を受けた難民は、未治療難民より
 線虫(保有率比 0.19)、回虫(保有率比 0.06)、鉤虫(保有率比 0.07)、
 鞭虫(保有率比 0.27)を有する頻度が低かったものの、giardia, entamoeba
 の保有頻度は低くなかった。住血吸虫卵はアフリカ難民にのみ検出。
 アルベンダゾールの導入以後、アフリカ難民17011人で頻度の高かった
 病原体は、giardia(5.7%)、鞭虫(5.0%)、住血吸虫(1.8%)、
 東南アジア難民5575人では、giardiaのみが保有率が高かった(17.2%)。

結論:
 アメリカへの難民に対する出国前アルベンダゾールは、
 アフリカ・東南アジア難民における腸管寄生線虫の保有率の低下と関連。

by otowelt | 2012-04-20 07:25 | 感染症全般