2012年 04月 30日 ( 2 )

ボツリヌス毒素Aの成人慢性頭痛に対する効果

顔面のしわ取りを目的にボトックス治療を受けた患者において
片頭痛が軽くなることが2000年に発見され、いろいろな臨床試験が
実施されてきた。頭が破裂しそうなcrushingタイプ、締め付けられるような
vicelikeタイプ、眼球が飛び出るくらい痛いeye-popping:ocularタイプの
片頭痛には効果があるとされている。
Christine C. Kim, et al. Predicting Migraine Responsiveness to Botulinum Toxin Type A Injections. Arch Dermatol 2010; 146: 159-163

JAMAより、効果的であるとの報告。
ただし1ヶ月に頭痛エピソード2回程度の減少と関連しているのみで
思ったほどの効果ではなさそうだ。

Jeffrey L. Jackson, et al.
Botulinum Toxin A for Prophylactic Treatment of Migraine and Tension Headaches in Adults
A Meta-analysis
JAMA. 2012;307(16):1736-1745. doi: 10.1001/jama.2012.505


背景:
 ボツリヌス毒素Aは慢性偏頭痛の予防に対して効果があると
 考えられている。

目的:
 ボツリヌス毒素Aが成人の偏頭痛の予防治療に有用かどうか評価する。

データ:
 MEDLINE, EMBASE,Cochrane trial registriesなど。
 1966年から2012年までのデータを使用。
 試験は、成人の頭痛においてボツリヌス毒素Aとプラセボを
 比べた試験を登録した。

結果:
 ボツリヌス毒素Aは、chronic dailyの頭痛患者において
 1ヶ月あたりの頭痛の減少と関連(1115 patients,
 −2.06 頭痛/月; 95% CI, −3.56 to −0.56; 3試験)、
 また慢性偏頭痛患者においても同様であった(n = 1508,
 −2.30 頭痛/月; 95% CI, −3.66 to −0.94; 5試験)。
 episodic偏頭痛においては有意差はみられなかった 
 (n = 1838, 0.05頭痛/月; 95% CI, −0.26 to 0.36; 9試験)。
 慢性緊張型頭痛においても同様に差はみられなかった
 (n = 675, −1.43頭痛/月; 95% CI, −3.13 to 0.27; 7試験)。
 1つの試験において、ボツリヌス毒素Aは、バルプロ酸と比べて
 偏頭痛減少と関連性はみられず(SMD, −0.20;
 95% CI, −0.91 to 0.31)。topiramate
 (SMD, 0.20; 95% CI, −0.36 to 0.76)や、アミノトリプチン
 (SMD, 0.29; 95% CI, −0.17 to 0.76)においても関連性なし。
 ボツリヌス毒素Aは慢性緊張型頭痛においてメチルプレドニゾロン点滴静注
 と比べて、頭痛減少に関連(SMD, −2.5; 95% CI, −3.5 to −1.5)。

結論:
 ボツリヌス毒素Aは、プラセボと比較して、成人の
 chronic daylyの頭痛、偏頭痛において中等度相当の効果と関連
 していたが、epidsodicな偏頭痛や緊張型頭痛とは関連性がみられない。

by otowelt | 2012-04-30 21:45 | 内科一般

内部に網状影を伴う、"太い"reversed halo signはOPよりも侵襲性真菌感染症を疑わせる

侵襲性肺アスペルギルス症がhalo signだけでなくreversed halo signを
伴うことがあるため、内外のコンソリデーション濃度の差というのが
侵襲性真菌症を疑うひとつの情報になることは
呼吸器内科医にとって重要な知識である。
ただ、reversed halo signはCOPにおいても観察される所見であるため
これらを画像上区別する方法についてはこの論文は重要な知見となるだろう。

Edson Marchiori, et al.
Reversed Halo Sign in Invasive Fungal Infections: Criteria for Differentiation from Organizing Pneumonia
CHEST, Published online before print April 26, 2012


背景:
 このスタディの目的は、CTにおいてreversed halo sign (RHS)が
 OPよりも侵襲性真菌感染症invasive fungal infections (IFI)を示唆する
 所見を同定するためにおこなわれた。

方法:
 われわれはレトロスペクティブにCTにおいてRHSがみられたIFI患者あるいは
 OP患者を登録した。このスタディには15人のproven or probable IFI患者
 (8人が男性、7人が女性)、および25人の生検確定のOP患者(13人が女性、
 12人が男性)を登録した。CTは2人の放射線科医によって個別に評価された。

結果:
 IFI患者において、RHS内部に網状影が93%にみられた(14/15)。
 しかしながらOP患者ではこれは認められなかった。コンソリデーションの
 縁の最大肥厚はIFIにおいて2.04 ±0.85 cm であり、OPにおいて
 0.50 ± 0.22 cmであった。胸水はIFIにおいて73% (11/15)にみられたが
 OPではみられなかった。線状影は両群ともに観察された。
 RHSの病変数についても差はみられなかった。

結論:
 RHS内部に網状影がみられ、コンソリデーションの縁どりが1cmより肥厚して
 胸水がみられるような場合は、OPよりもIFIが疑わしい。

by otowelt | 2012-04-30 11:42 | びまん性肺疾患